経済/社会

ウォーレンバフェットは年老いたのではない、ただ慎重なだけ

史上最も成功した投資家の1人、ウォーレン・バフェット氏は現在89歳だ。彼が高齢にもかかわらず、持ち株会社のバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)のCEOを引退する話は出ていない。 残念ながら多くの高齢者と同様に、バフェット氏はエイジズム、つまりステレオタイプ、偏見、そして彼の年齢に基づく差別に対する犠牲者である。 先週、億万長者の投資家ケン・フィッシャー氏はバフェット氏の年齢...
経済/社会

証券取引アプリ、ロビンフッドの「愚かな資金」はこれらの破産企業銘柄で儲けている

株式市場の反発は、感染、高い失業率、市民の不安など、あらゆる可能性を乗り越えている。そして今、個人投資家は破産を申し立てた企業の株を大胆にも買っている。 現在の傾向が続く場合、ベテランの億万長者の投資家は、個人投資家を「ダムマネー」(愚かな資金)と呼ぶたびに、自信過剰であり無知であるのかと疑いたくなるかもしれない。 ミレニアル世代の投資家が大量に購入している破産企業の一部を以下に紹介す...
経済/社会

ミレニアル世代、航空会社への恐ろしい賭けを行ったことが明らかになるか

個人投資家は5月、積極的に航空株を買った。しかしドイツとインドネシアのデータでは、世界最大の航空会社が数十億ドルの損失を記録していることを示している。航空会社は顧客を長期で失うリスクに直面しており、航空会社の株式の魅力には暗雲が立ち込めている。 ミレニアル世代は、ウォーレン・バフェット氏は売却した航空会社の株式を買っている。しかし、新しいデータは彼らがその選択を後悔するかもしれないことを示唆...
経済/社会

5910億ドルの巨大な現金の山が、上昇する株式市場に購買意欲を注ぐ

進行中の暴動、地政学的リスク、パンデミックを取り巻く今後の不透明感にもかかわらず、米国の株式市場は上昇している。 JPモルガンの最近の見解は、投資家の銃弾が空になるのまでには程遠いとしている。 5,910億ドルの現預金が新たな株式市場の反発を誘発する可能性がある JPモルガンのマネージングディレクターNikolaos Panigirtzoglou氏には、多くの投資家はまだ株式市場に...
経済/社会

億万長者ビル・アックマン、バフェットのバークシャーの株式を売却

ベテラントレーダーであるビル・アックマン氏は、ウォーレン・バフェットのバークシャーハサウェイ社におけるヘッジファンドの株式を売却した。 アッカーマン氏のパーシング・スクエア社は年間20%以上の増益に対し、バークシャーハサウェイ社は2020年第1四半期に500億ドルの損失を計上した。 そして、バフェット氏が直近に3つの大きな投資をして約70億ドルを溶かしたことから、アックマン氏の今回の行...
経済/社会

金融業界が問題でないのなら、なぜウォーレンバフェットはゴールドマンサックスを売ったのか?

巨額のキャッシュを貯めているにもかかわらず、ウォーレンバフェットは株の売却を続けている。航空会社の株を完全に売却した後、彼の最新のターゲットは金融大手のゴールドマン・サックス(NYSE:GS)だ。 今年のバークシャー・ハサウェイの年次総会で、バフェットは「銀行が主な心配事ではない。」と述べた。それではなぜ、彼はゴールドマン・サックスの株を84%も手放したのだろうか? バフェット「古き友...
経済/社会

シェル株、減配と迫りくる原油問題に浮足立つ

原油価格の崩壊により、シェルの配当は打ち消された。 2018年と2014年の原油価格の暴落でさえ、シェルオイルカンパニーの配当の66%は消滅しなかったため、原油関連の株へ投資する人にとっては憂慮すべきニュースである。実際、シェルが1945年以来、配当を減配したのはこれが初めてである。 シェルは何千人もの個人投資家や年金基金を含む株主に、約80年ぶりに今減配することが彼らの最善の利益にな...
経済/社会

アマゾンの株は高値に見えるが、さらに上昇する理由とは

アマゾンの株価が史上最高値を更新し、高値になり始めている。新型コロナウイルスの影響で不安定な状況が続く株式市場において、アマゾンの株にはまだ多くの利点があるのが高値更新の理由だ。 14日、Amazonの株価が史上最高値を更新した。株価は約5%急騰し、2,275ドルをわずかに超えた。 同社は増加した需要を満たすために175,000人を雇うと発表したばかりで、このニュースが株価を押し上げた...
経済/社会

彼は危機を待っていた。ウォーレンバフェットは世界で最も裕福な男になるかもしれない

ウォーレン・バフェット氏は、彼の莫大な予備キャッシュにより、コロナウイルス危機の間に企業を助け、買収する。利益は膨大となるだろう。それはバフェットが世界で最も裕福な男としてジェフ・ベゾス氏を追い抜くほど十分に膨大となるかもしれない。 2008年、ウォーレン・ バフェット氏はマイクロソフトの共同創設者であり世界で最も裕福な人物、ビル・ゲイツ氏を失望させた。当時、世界は世界的な金融危機の影響か...
経済/社会

ウォーレンバフェットのシェールオイルへの投資はクラフトハインツの二の舞となるか

原油価格が急落、オクシデンタル・ペトロリウム(米石油、ガス及び化学企業)は最も大きな打撃の1つとして浮上した。ウォーレン・バフェットはこの2019年の投資をやり直したいと思っているかもしれない。 「オマハの賢人」と呼ばれるウォーレンバフェットにとって、オクシデンタル・ペトロリウムへの出資は珍しい失敗の1つだ。 投資家としてのウォーレンバフェットの記録は他の追随を許していない。1960年...
タイトルとURLをコピーしました