アルトコイン

イーサリアム・クラシックが無事にブロックチェーン・フォーク成功

イーサリアム・クラシックは無事に「ディフィカリティ・ボム」が除去されネットワークがアップグレードされました。

時間の経過とともにマイニングすることの難しさを増すように設計されたこのコードは、2016年にイーサリアム・コードベース(DAO事件後にイーサリアム・クラシックとイーサリアムに分割されることになる)の特徴でした。

このコードはいつかブロック承認を凍結してしまうため、「イーサリアムの氷河期」と呼ばれています。

このネットワークのアップグレードは「5,900,000」ブロックで無事に成功したことが、ネットワークデータと、プロジェクトに携わった開発者からの報告から分かりました。

ディフィカリティボムは取り除かれました(ECIP-1041)

このプロジェクトに参加した開発者らは、ほとんどの交換ノードとマイニングプールが、今回のフォークを行なう前にソフトウェアのアップデート行なっているとしています。

フォーク直後の時間帯に悪影響やバグの兆候は見られなかったようで、今回のアップグレードにより、ブロックの作成に要する時間が短縮されることが期待されています。
 

イーサリアムとイーサリアム・クラシック間の技術と理想論の違い

イーサリアムのコミュニティは将来「PoS」システムに移行することを約束していますが、一方でイーサリアム・クラシックは「PoW」システムを使い続けることを選んでいます。

PoWの方が承認作業の報酬の集中を避けられる為としています。しかし、PoWはマイナーがハードウェアーに継続的な投資を行なわなければならないデメリットもあります。

イーサリアムは17年10月にディフィカルティ・ボムの1年以上の延期を行い、今日まで開発を行なってきました。イーサリアムのコミュニティはPoSシステム移行を含むプロジェクト「キャスパー」へ準備を続けています
 

イーサリアムがPoSへ移行したらどうなる?

もしイーサリアムがPoSへの移行が完了した際には、現在ETHをマイニングしている人達はGPUでのそれ以上のマイニングが難しくなります。

そこでETHのマイニングをやめてハッシュパワーの大部分が、PoWを使い続けるとしているイーサリアム・クラシック、「ETCのマイニング」へ乗りかえることが期待できるのです。

イーサリアムのコミュニティがいつ、PoSに移行するのか具体的なことはまだ決まっていません。

移行の具体的な日程が分かってきた頃からETCの値上がりが期待できる動きも出てくるのかもしれません。
 

ビットフライヤーでETC買えます。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
出典:https://www.coindesk.com/ethereum-classic-claims-successful-blockchain-fork/
Ethereum Classic Claims Successful Blockchain Fork

関連記事

  1. アルトコイン

    大手中国取引所BTCC – イーサリアムよりイーサリアムクラシックを支持する

    BTCCは中国の大手ビットコイン取引所で、つい最近、ビットコインと米ド…

  2. アルトコイン

    ビットコインを超える「イーサリアム」とクラウドセールについて

    イーサリアムとクラウドセールについて簡単に書かれた読みやすい記事を見つ…

  3. アルトコイン

    Vitalik氏「イーサリアムは数年でVisaの取引規模になる。」

    イーサリアム(Ethereum)の共同創設者ヴィタリック(Vitali…

  4. アルトコイン

    コインチェックはMonero、Dash、Zcashの取り扱い中止を検討

    コインチェックは今年1月26日に、当時580億円相当のNEMがハッキン…

  5. アルトコイン

    イーサリアム4度目のハードフォークを告知

    以前より予定されていた、イーサリアムの4度目のハードフォークが、海外コ…

  6. アルトコイン

    ビットコインゴールドを利用した詐欺により300万ドルの被害発生

    10月24日にビットコインから分裂したことで誕生したビットコインゴール…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
QUOINEX
PAGE TOP