アルトコイン

イーサリアム・クラシックが無事にブロックチェーン・フォーク成功

イーサリアム・クラシックは無事に「ディフィカリティ・ボム」が除去されネットワークがアップグレードされました。

時間の経過とともにマイニングすることの難しさを増すように設計されたこのコードは、2016年にイーサリアム・コードベース(DAO事件後にイーサリアム・クラシックとイーサリアムに分割されることになる)の特徴でした。

このコードはいつかブロック承認を凍結してしまうため、「イーサリアムの氷河期」と呼ばれています。

このネットワークのアップグレードは「5,900,000」ブロックで無事に成功したことが、ネットワークデータと、プロジェクトに携わった開発者からの報告から分かりました。

ディフィカリティボムは取り除かれました(ECIP-1041)

このプロジェクトに参加した開発者らは、ほとんどの交換ノードとマイニングプールが、今回のフォークを行なう前にソフトウェアのアップデート行なっているとしています。

フォーク直後の時間帯に悪影響やバグの兆候は見られなかったようで、今回のアップグレードにより、ブロックの作成に要する時間が短縮されることが期待されています。
 

イーサリアムとイーサリアム・クラシック間の技術と理想論の違い

イーサリアムのコミュニティは将来「PoS」システムに移行することを約束していますが、一方でイーサリアム・クラシックは「PoW」システムを使い続けることを選んでいます。

PoWの方が承認作業の報酬の集中を避けられる為としています。しかし、PoWはマイナーがハードウェアーに継続的な投資を行なわなければならないデメリットもあります。

イーサリアムは17年10月にディフィカルティ・ボムの1年以上の延期を行い、今日まで開発を行なってきました。イーサリアムのコミュニティはPoSシステム移行を含むプロジェクト「キャスパー」へ準備を続けています
 

イーサリアムがPoSへ移行したらどうなる?

もしイーサリアムがPoSへの移行が完了した際には、現在ETHをマイニングしている人達はGPUでのそれ以上のマイニングが難しくなります。

そこでETHのマイニングをやめてハッシュパワーの大部分が、PoWを使い続けるとしているイーサリアム・クラシック、「ETCのマイニング」へ乗りかえることが期待できるのです。

イーサリアムのコミュニティがいつ、PoSに移行するのか具体的なことはまだ決まっていません。

移行の具体的な日程が分かってきた頃からETCの値上がりが期待できる動きも出てくるのかもしれません。
 

ビットフライヤーでETC買えます。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
出典:https://www.coindesk.com/ethereum-classic-claims-successful-blockchain-fork/
Ethereum Classic Claims Successful Blockchain Fork

関連記事

  1. アルトコイン

    最新の調査結果、投資家は仮想通貨の強気相場が来ると考えている

    仮想通貨市場に長い冬が続いているが、最新の調査によると個人投資家と機関…

  2. アルトコイン

    イーサリアムクラシックがスランプから脱却か

    イーサリアムクラシックが強い動きを見せています。昨日11月7日…

  3. アルトコイン

    ゴールドマンサックスビットコイン取引事業へ参入を検討

    巨大金融グループのゴールドマンサックスは専用のビットコイン取引業務に参…

  4. アルトコイン

    フィディリティ、3月にビットコインのカストディサービスを開始予定か

    米大手投資信託会社のフィデリティはビットコインのカストディ(保管)サー…

  5. アルトコイン

    ライトコインあと4日で半減期を迎える

    暗号通貨として世界第4位の時価総額であるライトコイン(LTC)のコード…

過去記事

新着記事

PAGE TOP