仮想通貨全般/経済

ポロニエックスが認証IDの提出を求め、一部のアカウントで取引停止

米大手仮想通貨取引所であるポロニエックス(Poloniex)は、アカウント認証に必要な新たなIDを求める方針を発表しました。

5月27日付けの公式アナウンスはこちら

これに伴い、一部のユーザーは取引と出金が出来ない状態が続いておりとなっており、不安の声が上がっています。

顧客の問い合わせが殺到しているのか、これに対しポロニエックスは「顧客の資産は安全である」という回答をツイッター上でアナウンスしています。

明らかにさせてください:資産は安全です、例え取引や出金が現状できない状況であっても、既存のお客様に認証プロセスを完了していただくことによって資産は計上されます。我々はお客様からの認証に関する問い合わせに対応するため、スタッフを増員しています。

 

実際にログインしてみた

以前作って使用していないポロニエックスのアカウントがありましたので、ログインしてみると、やはりIDを求めるメッセージが表示されました。

※中にはログインしても今までどおり取引が行なえるユーザーも存在します。

下記のようにプロフィールを入力する画面が表示されますので名前、苗字、住所、市、郵便番号、電話番号を入力します。


 

次へ進むとID認証スタートの下記画面に切り替わります。

グリーンのボタンを押すと次に「パスポート」「自分の顔写真」を求められます。一枚ずつ順にアップロードします。


 

最後に認証申請完了の画面が表示され、「数分から数日で」認証が完了し「Profile」のメニューで確認できます。と表示されます。


 

再提出を求められる人

ポロニエックスの公式発表に書かれていることを要約すると、下記のように書かれています。

過去に完全な認証情報を提供していない既存のお客様には、ポロニエックスのプロファイル(Profile)ページでこれを行なうように求めています。」

「情報を提出すると、確認を行い、アカウントの取引を再度有効にします。認証プロセスの間、顧客の資金は安全です。」「アカウントの残高ページであなたの保有額を確認することが出来ます。」

このようにポロニエックスは資産が安全に保管されていることを明言していますので、IDの再認証を求められた場合には、落ち着いて提出を行なうとよいかと思います。

ポロニエックスは、ゴールドマン・サックスが支援するサークルによって買収されました。仮想通貨関連業者に対する規制が強化される中、ルール遵守のため、認証プロセスの更新を進めているものだと思われます。

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    「全ての地獄から開放されるだろう」ABRAのCEO、ビットコイン価格が今年再び高騰を予想

    主要な金融アナリストらの中にはビットコインの現在の下落トレンドについて…

  2. 仮想通貨全般/経済

    中国大手取引所BTCC、6月にリニューアルした取引所を開始

    香港に本拠を置く仮想通貨企業BTCCは、ソーシャルメディアと公式ウェブ…

  3. ビットコイン(BTC)

    日本の為替苦境がビットコインには有利に働く?

    最近、軒並み外貨が値を下げているのに対し、日本円は上昇中!海外に旅行す…

  4. ビットコイン(BTC)

    SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割り込む。

    米証券取引委員会(SEC)は26日、ビットコインETFを証券取引所に上…

過去記事

新着記事

PAGE TOP