仮想通貨全般/経済

「LINE」が仮想通貨取引所を7月にもスタート

全世界で約二億人のユーザーを抱え、日本で最もポピュラーなチャットアプリといえば「LINE」です。そのLINEが「Bitbox」と呼ばれる仮想通貨取引所の開始を発表しました。

この新しいプラットフォームは、「低い取引手数料」を提供し、最も人気のある仮想通貨30種以上をリストアップする予定です。 15カ国語に対応、2カ国を除いて世界的にスタートします。
 

来月7月には取引所を開始

28日、LINE社はライン・カンファレンス2018にて「仮想通貨取引所”Bitbox”を7月に設立する予定です。」と発表しました。

同社の公式発表:

Bitboxは世界のユーザー(日本と米国を除く)に向けて30種類以上の需要の高い仮想通貨を15ヶ国語で提供します。

LINE社は、15ヶ国に英語、韓国語、中国語が含まれていることを明らかにしました。さらに同社は、この新しいプラットフォームは「仮想通貨と仮想通貨のみの取引である」(現金取引は利用できない)と強調しました。

同社によると、今年の第1四半期には、チャットアプリは、日本、台湾、タイ、インドネシアの4カ国で毎月1億6,500万人のアクティブユーザー(MAU)を抱えているとしています。
日本では、その期間に7500万人のユーザーがいて、これは前四半期よりも200万人増えています。

Lineは日本でより多くのユーザーを獲得し続けていますが、他の3つの国ではユーザーが失われています。それにもかかわらず、全体のDAU(日常的なアクティブユーザー)とMAUの比率は着実に増加しています。

Bitboxについて

LINE社の出澤剛社長は「Bitboxを利用することでラインユーザーはより簡単に仮想通貨にアクセスできるようになると同時に、資産を保護する最先端のセキュリティ対策を確実に実現できる。」とコメントしています。

また、Bitboxに上場させる仮想通貨は「広範なスクリーニングプロセスを経ている」と説明しました。これは、「内部委員会によって、ユーザーにとって最も信頼性が高く安全な取引を提供するために選ばれた。」と付け加えました。

Bitboxは0.1%という低い手数料で、需要の高い、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)を取引するとしています。

1月には、日本の金融監督当局、金融庁(FSA)と仮想通貨を運用するための登録申請を行ったといいます。このプロセスは、同国最大の仮想通貨取引所の1つであるコインチェックがハッキングされた後に行われ、FSAによる監督と登録のルールは厳しいものだったことが予想されます。

日本と米国にはサービスが提供されない点について、LINE社は、リリースの注釈で「LINEでは、仮想通貨取引に関する各国のルールや規制に則り、仮想通貨事業を展開して参ります」と説明しています。

出典:https://news.bitcoin.com/japans-line-exchange-cryptocurrencies/
Japan’s Line Launching Exchange With 30+ Cryptocurrencies in All but Two Countries

 

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    急成長の兆し。下落相場にもかかわらずBinanceとCoinbaseは雇用を増やし続けている

    2018年を通じて仮想通貨市場が80%も下落したにもかかわらず、ユーザ…

  2. アルトコイン

    コインチェックの5.23億XEMの流出の事象、金融庁の業務改善命令まで

    先週26日、国内で大きなシェアを誇る仮想通貨取引所から5.23…

  3. アルトコイン

    これは暗号通貨の終わりなのか?そうではない。

    本日の仮想通貨市場は全面的に大きく下げ、下げ止まらない価格にホルダー達…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのプーチン大統領、仮想通貨について異例のコメント

    ロシアのウラジミール・プーチン氏が、仮想通貨の成長と支払いの正当な方法…

  5. 仮想通貨全般/経済

    長引く中国取引所閉鎖のうわさと緩やかに回復する市場

    9月8日に、中国の財新メディアが、中国の金融当局は仮想通貨取引所を当面…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコインに投資を始める3つの方法(ウィンクルボス兄弟も登場)

    ちょっと前までは認知されていなかった仮想通貨。中でもビットコインは時価…

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
  1. ビットコイン(BTC)

    持ち主が亡くなった場合ビットコインはどうなるの?
  2. ビットコイン(BTC)

    マイニングコストとの関係から分析「2019年末にはビットコイン3万6千ドルを予測…
  3. 仮想通貨全般/経済

    バイナンス、英国と欧州からの資金流入をターゲットに
  4. ビットコイン(BTC)

    中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインETFの意思決定に関して多くの世論が寄せられた
PAGE TOP