ビットコイン(BTC)

2014年と比べると2018年のビットコイン下落は短いものとなるだろう

2014年と2018年のビットコインの中期的なチャートを見比べ価格のトレンド分析を、海外メディアQuartzが発表しました。

ビットコインの2017年12月から今年6月の価格調整(下落)の動きは、2014年のそれと比べて短いものになるだろうと見解を述べています。
 

2014年と2018年は似ている

2013年12月4日から2015年1月4日までの400日間で、ビットコインの価格は80%以上下落し、過去最悪の価格調整を記録しました。

2014年は、ビットコインの価格は300日間で70%以上、下落しました。 2018年には200日以内で72%以上下落し、2014年の修正とは対照的に、BTCは4年前よりも著しく早く落ちています。

2014年の下落チャートと、去年末からのチャートを見比べると、非常に良く似ていることが分かります。ただ一つ違うのはそのスピード、時間軸です。

ビットコインは今年、2014年の時よりも早いバージョンを体験しており、2014年と同様のタイミングで価格の下落と価格調整を行なっていると見えます。今や安定したラインを見つけ底打ちをするタイミングとも見て取れるといいます。

以下のように2014年のビットコインチャートと、2018年の年初来チャートを圧縮したものを比較すると多くの類似点が検出されるそうです。


 

より短期の調整

BitMEXのCEO、Arthur Hayes氏は、6月30日のCNBC Fast Traderでのインタビューの中で、ビットコインが3,000〜5,000ドルの範囲に入り、80%以上の価格調整をおこなう可能性があると述べました。

もちろん(BTCは2018年までに50,000ドルに達することができます。)私は、1年間で2万ドルに達することが出来るもの(ビットコイン)は、6,000ドルまで価格調整することもありえると思う。私は3,000~5,000ドルの範囲で底を見つけることができると考えています。おそらくSECによって承認されたETFが、20,000ドルを超え、さらに2018年末までに50,000ドルに上昇する可能性もある。

とHayes氏は語っています。

ビットコインが早送りのように、2014年の時のような価格調整を済ませたと考えると、2014年のBTCの市場状況と規制状態の違いを考慮したBTCの修正は、2018年の下落トレンドが大幅に早く終了する可能性が高いとしています。

さらに、ヘイズ氏によると、米国政府やその他の主要な仮想通貨市場による予期せぬ規制の変化は、特に、ETFや公開されている取引可能な商品が米国の金融市場でローンチされた場合には、BTFやその他の主要なデジタル資産の価格を、強力な勢いと需要で回復させる可能性があるようです。
 
出典:https://www.ccn.com/2014-vs-2018-bitcoin-price-correction-this-year-will-likely-be-significantly-shorter/
2014 vs 2018 Bitcoin Price Correction: This Year Will Likely be Significantly Shorter

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    債券王、グロース氏 – 投資家の自衛策としてビットコインの魅力高まる公算

    無限の紙幣増刷が可能な限りは機能する戦略で、中銀は負けるたびに倍賭けす…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは短期的に5000ドルをも超えるだろう ー マックスカイザー

    マックスカイザー(Max Keiser)氏は、今週月曜日にビットコイン…

  3. ビットコイン(BTC)

    ツイッターのCEO、ラジオでビットコインに週1万ドル使うことを公言

    ツイッターとスクエアのCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dor…

  4. ビットコイン(BTC)

    ハッシュパワー取引所ナイスハッシュ、6400万ドル相当のビットコイン盗まれる

    スロベニアに拠点を置く仮想通貨マイニングのためのハッシュパワー(演算力…

  5. ビットコイン(BTC)

    中国人民銀行の前頭取「ビットコインの破壊は不可能。」と発言

    中国の中央放送局に当たるCCTVが2月14日放送したビットコインとマネ…

  6. アルトコイン

    米グレイスケール、イーサリアムなど主要仮想通貨のファンドを立ち上げ

    7日、バリー・シルバート氏(Barry Silbert)CEOが率いる…

過去記事

新着記事

PAGE TOP