ビットコイン(BTC)

【朗報】バンドルカードのビットコインチャージ機能が復活

一時サービスが停止されていた「バンドルカード」のビットコイン(BTC)円建てチャージが再開しました。

バンドルカードの特徴

バンドルカードは、Visaの加盟店で支払いができるVisaプリペイドカードです。ビットコインを実際のショッピングに使用することが出来るので大変便利です。

ネットでもリアルのお店でも使えるリアルカードと、ネット専用のバーチャルカードの2つのカードから選択できます

●年齢制限が無い(未成年は保護者の同意が必要)
●ネットショッピング専用なら無料ですぐに発行(電話番号や生年月日など登録が必要)

クレジットカードとは違って、プリペイドカードです。(ビットコインの場合は事前に送金してチャージする)その為、クレジットカードとは違って長い審査を必要としない即時発行が特徴です。
 

ビットコインでチャージするには?

1)チャージ金額 (日本円) を入力
2)ビットコイン金額とアドレスを確認
3)ウォレットで送金手続き
4)チャージ完了

ビットコインでのチャージについて詳しくはこちら

バンドルカードの使い方

【リアルカードの場合】
1)お店で商品をレジへ(VISA加盟店のみ)
2)「カードで」と言い、店員にバンドルカードを渡す
3)サインをして支払い

【バーチャルカードの場合】
1)ネットショップで商品を選んで買い物かごへ
2)「カード払い」を選択(VISAのみ)
3)アプリでカード情報を見ながらカード登録フォームへ入力して支払い
 

バンドルカードの発行手数料

リアルカード(プラスチックカード)の発行には300円、さらに利用があった月には口座維持手数料として100円の利用料がかかります。

年会費や月額利用料はありません。

ただし、最終利用日から120日間利用が無かった場合には、口座維持手数料として100円がかかります。

詳しくはサイトで確認を

ビットコインがなくても使える

手元にお金が無い。そんなときは日本円をチャージして、後ほど返済する「事前入金のいらないプリペイドカード」です。

チャージ額の幅は、

●1回につき3000円~2万円まで1000円単位でチャージ可能
●返済は翌月までに

チャージ回数は、
●1ヶ月3万円まで
●返済すれば、同月内でも再度3万円までチャージ可能

というわけで、返済すれば繰り返し使えるというわけです。

日本円チャージをして急場を凌ぐことができるので、個人的には本当かな?と信じがたくなりましたが無事にバーチャルカード発行、チャージができました。

 

ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ベネズエラのマドゥロ大統領「2019年石油の決済には仮想通貨ペトロを採用する」

    ベネズエラのマドゥロ大統領は来年、石油販売に関して、米ドルに変えて段階…

  2. ビットコイン(BTC)

    早稲田大学の教授が語るビットコイン

    早稲田大学教授、岩村充さんが「ビットコインの未来」について以下のように…

  3. 仮想通貨全般/経済

    中国のICO停止措置は一時的なもの 今後はライセンス導入も

    国営テレビ局CCTV-13でのインタビューの中で、中国政府が支援してい…

  4. 仮想通貨全般/経済

    韓国の財務次官「仮想通貨はフィアット通貨の脅威となる可能性がある」

    韓国の戦略金融財務次官であるキム・ヨンジン(Kim Yong-jin)…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが8500ドルを下回り、仮想通貨市場はスランプから脱出できず

    3月25日以降、仮想通貨市場は3500億ドルの時価総額を取り戻せずに苦…

  6. 仮想通貨全般/経済

    ロシア、ユーザーの12%は仮想通貨が主な収入源

    最近の調査によると、ロシア人の仮想通貨ユーザーのうち、12%が仮想通貨…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
QUOINEX
  1. ビットコイン(BTC)

    今やビットコインの時価総額はゴールドマンやモルガンを上回っている
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインETF、決断は本日金曜日か?ビットコイントレーダーへの影響は?
  3. アルトコイン

    イーサリアム・クラシックが無事にブロックチェーン・フォーク成功
  4. 仮想通貨全般/経済

    ビットコイン関連、注目の11銘柄リストはコレだ!
  5. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨ETFに対する拒否が結果的にビットコイン価格を7100ドル以上へ
PAGE TOP