ビットコイン(BTC)

トランプ氏当選で日本株相場・為替相場大荒れ、ビットコインは上昇

昨日9日(米8日)のアメリカ大統領選挙が行われ、多くの人がヒラリー・クリントン氏の当選でほぼ決まりと思っていた方は多いはず。どちらも好印象ではない候補対決だっただけに、先行きの不透明感から、日本株相場、為替相場はリスクオフの動きで朝から総悲観状態に。

開票が進みトランプ氏有利の可能性が高まるなか、9日の東京株式市場で日経平均株価は、なんと「前日比919.84円安」の16,251.54円と大幅に続落しました。東京為替市場もドル円相場が1ドル105円台から101円台まで円高に振れるなど、波乱の大統領選を象徴するような相場展開となりました。

 

上昇したビットコイン

しかし日本株相場・為替相場が荒れるなか、先日のニュースで予想されていたとおり、ビットコインは上昇の一途をたどりました。


 

11月9日のビットコイン/円相場は、3.204%の上昇。日本時間9日16時半頃にアメリカ大統領選でトランプ氏の当選確実が判明した直後、75,000円台だったビットコインは76,000円台を突破。その後77,000円台まで上昇しました。

chart_20161109
 
 

金買いもみられた

 
予想外の選挙結果を受け、投資家が安全資産に資金を移す動きが活発化し、金相場は1オンス=1300ドルを突破。英国民投票以来の大幅上昇となりました。ビットコインと金は似ていることを以前の記事にも書かせていただきました。経済の先行きが不透明な時には、金が上昇する傾向にありましたが、今やビットコインも資産を守る一つの手段という認識が広まりつつあるのかも知れません。

 

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの先物取引、CMEグループが年内に上場を計画

    本日11月1日の、米CMEグループの発表によりますと、ビットコインの先…

  2. 仮想通貨全般/経済

    中国の大学生、仮想通貨関連の仕事を希望し、8%が仮想通貨を保有している

    中国の大学生を対象に実施した世論調査では、彼らの多くが仮想通貨に明るい…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン17ヶ月ぶりに12,900ドルの高値を記録

    ビットコインは2018年1月21日以来初めて12,900ドルを超えて上…

  4. ビットコイン(BTC)

    フィジカルビットコイン

    ビットコインをもはや本当のコインにして、保管して置く人たちもいます。そ…

  5. ビットコイン(BTC)

    クジラと呼ばれる大口保有者、わずかな手数料で約505億円を送金

    ビットコインは支払い手段として「不適切」であるとの批判を多く受けてきて…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格がチューリップバブルとは異なる5つの理由 – Nasdaq.com

    「ビットコインはバブルではない。」として、ナスダック(Nasdaq)は…

過去記事

新着記事

PAGE TOP