英Wirexのカードでイーサリアム支払いが可能に

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

ロンドンに本拠地を置き、英国の電子マネーライセンスを獲得し企業アップを行った「Wirex」はこのたび使用できる通貨に「イーサリアム」を追加したと発表した。

これまでにビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)をフィアット通貨に変換してフィジカル(プラスチックの)カードやデジタルカードで支払いが出来ていたのが、これによりイーサリアム(ETH)も同様に使用可能となった。

Wirexデビットカードについて;
VISAカードが使えるリアル店舗で仮想通貨を使えるデビットカード。仮想通貨決済が出来ないお店でもこのデビットカードがあれば仮想通貨での支払いが可能となる

この他、ユーザー間での通貨の受け渡しや、フィアット通貨との売買も行なえる。

Wirexの共同設立者Dmitry Lazarichev氏は「この人気ある仮想通貨を今すぐ提供できることを喜ばしく思いますが、私たちの製品の成長はこれでは終わらない。」「最近取得したFCA e-moneyライセンスは、近い将来さらに多くの製品や場所を開拓する。」と述べた。

以前は日本でもサービスが行なわれていたが、資金決済法の改正により現在はWirexデビットカードは日本国内では使えない

しかしながらヨーロッパ圏の人々からのさらなる仮想通貨利用への手段が広がることとなる。

タイトルとURLをコピーしました