仮想通貨全般/経済

明暗分かれる取引所。英国最古の取引所は従業員を削減

世界最大の仮想通貨ブローカーであるCoinbase(コインベース)は5億ドルの出資を受け、その企業価値は80億ドルにもなると言われいる。Binance(バイナンス)は国際的なブロックチェーンのスタートアップに資金を提供して投資分野でより活発化してきている。

Coinbase、Binance、BitMEXのような大規模な仮想通貨取引所では、収益性の高いビジネスモデルと高い利益率でビジネスが盛んに行われているが一方で、現在の弱気相場で苦戦を強いられている取引所もある。

今週、英国最古の取引所であるCoinfloor(コインフロアー)は、主要な仮想通貨の日々の取引量の減少により収益が減少の一途をたどり、従業員数を削減したとされている。
 

激しい競争

9月の報道でCoinbaseは英国のポンドを取引所に統合し、英国の仮想通貨市場へ正式に拡大した。

Coinbaseは為替レートを不要にすることにより、信頼性の高い仮想通貨取引所を待っている現地のユーザーに対してアピールを行った。インフラが整わずユーザーの需要が不足し、長年停滞している英国の仮想通貨交換市場に参入を行なったのだ。

Coinbase UKのCEO、Zeeshan Feroz氏はインタビューでCCNに語っている。

「われわれは英国でサービスを行なっているあいだ、より速い支払いを導入するよう努めてきました。顧客はスピードアップの恩恵を受けるだけでなく、コストも削減できます。資金を追加したり削除したりするために、ポンドからユーロへと変換する必要がなくなり、為替レートもなくなります。これにより、英国のほとんどの人々が仮想通貨を簡単に利用できるようになります。」

CoinfloorのCEO、Obi Nwosu氏は、今週Coinbaseの参入により英国市場での競争が激化したことを受け、今後数週間で従業員数を減らしていくと発表した。(Financial Newsの報道によると、約40名を解雇とされている。)

英国の取引所が長年にわたって確保してきた戦略的パートナーや投資家にとって、Coinfloorの従業員数削減の重要性は否定できない。

国際送金サービス「TransferWise」の設立者であるTaavet Hinrikus氏、ベンチャーキャピタルの「Passion Capital」、ゴールドマン・サックスとクレディ・スイスの元マネージングディレクターであるAdam Knight氏は、設立以来この取引所に投資してきた。

しかし、注目を集める投資家やベンチャーキャピタル企業の関与にもかかわらず、Coinfloorは激しい競争に直面することができず、再編が行われている。

「Coinfloorは現在、市場における当社の競争上の優位性に焦点を当て、顧客に最高のサービスを提供するための事業再編を行っています。この再編の一環として、スタッフの変更と冗長化を行っています」とObin Nwosu氏Coinfloor CEOは述べている。
 

取引所の維持にはコストが掛かる

恐らく、仮想通貨の分野における大規模な取引所や企業の設立はインフラ強化を可能にするため、仮想通貨市場の長期的な成長にとっては有益だと考えられる。

韓国では、Upbit、Gopax、Korbitなど、大手商業銀行、インターネット企業、テクノロジー企業からの支援を受けた仮想通貨交換所は、過去2年間に渡り韓国市場を支配してきた。

これは、たとえCoinfloorのような規模の交換所でも、高い運用コストを維持できないという事実は、市場で競合するスタートアップにとって、主要な投資家や大企業からの強力なインフラストラクチャと支援が不可欠であることを示している。

出典:https://www.ccn.com/while-major-crypto-exchanges-flourish-minor-platforms-struggle-in-bear-market/
While Major Crypto Exchanges Flourish, Minor Platforms Struggle in Bear Market

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    マイニング、日本国内でも収益化できる

    日本国内でのマイニングは、とにかく電気代が高いゆえに収益化するのは難し…

  2. 仮想通貨全般/経済

    コインベースの評価額は16億ドルから80億ドルへ

    2017年のビットコインをはじめ、仮想通貨の急騰がリッチな人々を生み出…

  3. ビットコイン(BTC)

    SEC、ビットコインETFの可否決定は9月へ延期

    米国証券取引委員会(SEC)は、ビットコイン上場投資信託(ETF)の決…

  4. ビットコイン(BTC)

    当局の規制はあるも、ロシアでの欧州最大のマイニングファームを計画

    ビットコインに対するロシア政府による今後の規制が予想されるにも関わらず…

  5. 仮想通貨全般/経済

    インド仮想通貨取引所、あいまいな規制の中でも記録的な取引量を記録

    インドの中央銀行による規制の不確実性と銀行からの制限にもかかわらず、イ…

  6. 仮想通貨全般/経済

    インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える

    80年代のバブル景気、90年代台初頭のバブル崩壊、これらを経験した人で…

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン8000ドルエリアが見えてきた
  2. ブロックチェーン

    ヴィタリック氏曰く、中央銀行は独自のデジタル通貨を作る能力がない
  3. アルトコイン

    仮想通貨取引所ポロニエックス、ビットコインキャッシュのプレフォーク取引開始
  4. 仮想通貨のきほん

    ICOってなに?
  5. 仮想通貨全般/経済

    金融庁、仮想通貨交換業7社に対して行政処分。コインチェックは2度目。
PAGE TOP