ビットコイン(BTC)

米ICE Bakkt先物が12月に上場か

インター・コンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の先物取引プラットフォームBakkt(バックト)は、12月12日上場と公式発表を行なった。しかし、ビットコイン先物取引には、米商品先物取引委員会(CFTC)の承認が必要であり、ICE側の公式発表はあったものの、CFTCの承認待ちの形となっている。

ICEは22日、Bakktが12月に物理的に決済されるビットコイン先物取引を開始できると発表した。Bakktは、商品先物取引委員会(CFTC)が署名した条件として、先物契約で取引されるビットコインをICEのデジタル資産として実際に保有するとしている。

これらの先物契約は、とりわけニューヨーク証券取引所が保有するもうひとつの取引所の子会社であるICE Clear USを通じて清算される。

公式アナウンスによると、1つの先物契約につき1BTCとなっており、USドルで取引され、1営業日毎に決済がおこなわれる。

つまり、先に既に始まっているCMEとCboeのビットコイン先物取引であるCFD(差金決済取引)が決められた契約期間で決済されるのとは異なり、Bakktは自身が所有するビットコインの現物で毎営業日に決済が行われる。

Bakktは本来、スターバックスなどでビットコインを法定通貨(USドル)に変えて決済できる仕組みを持つプラットフォームであるとも発表されていたが、小売店での決済についての発表はまだない。今回のBakkt上場を皮切りに、リアル店舗での決済についてのニュースが引き続き期待されるところだ。

この取引プラットフォームはCFTCによる承認を待って、本来11月に開始する予定と見られていた。しかし12月まで延期となって開始する理由は何も明示されなかった。


 
 
出典:https://www.coindesk.com/crypto-defender-spars-with-famed-critic-during-us-senate-hearing/
Bitcoin Futures Could Go Live on ICE’s Crypto Trading Platform in December

 

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国政府関係者、大暴落の前にインサイダー取引の疑い

    16日、17日にかけて仮想通貨市場は全面安の下落が続いていました。…

  2. ビットコイン(BTC)

    CBOEでビットコイン先物取引が開始、急騰で一時取引停止も

    ついに、シカゴのオプション取引所CBOEは本日(現地時間12月11日日…

  3. ビットコイン(BTC)

    ヤマダ電機がビットコイン決済を開始

    国内大手家電量販店のヤマダ電機が「bitFlyer」との提携により、都…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが一時20%急落

    昨日本ブログより、直近の価格が過熱気味であるので、注意喚起を促す記事を…

  5. ビットコイン(BTC)

    中国のマイニングプールF2poolが「Segwitx2を支持しない」

    中国のマイニングプール「F2Pool」は現在議論の的である、スケーリン…

  6. ビットコイン(BTC)

    中国人民銀行の前頭取「ビットコインの破壊は不可能。」と発言

    中国の中央放送局に当たるCCTVが2月14日放送したビットコインとマネ…

Bitcoin

Bitcoin

437,574.74

BTC -0.10%

Ethereum

Ethereum

15,020.46

ETH 0.68%

XRP

XRP

34.07

XRP 0.12%

Litecoin

Litecoin

6,624.88

LTC 2.23%

EOS

EOS

407.49

EOS 1.44%

Bitcoin Cash

Bitcoin Cash

18,087.00

BCH 5.56%

Binance Coin

Binance Coin

1,646.59

BNB -0.34%

Stellar

Stellar

11.67

XLM -2.19%

Tether

Tether

109.61

USDT -0.90%

Cardano

Cardano

6.86

ADA 9.27%

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
PAGE TOP