ビットコイン(BTC)

米ICE Bakkt先物が12月に上場か

インター・コンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の先物取引プラットフォームBakkt(バックト)は、12月12日上場と公式発表を行なった。しかし、ビットコイン先物取引には、米商品先物取引委員会(CFTC)の承認が必要であり、ICE側の公式発表はあったものの、CFTCの承認待ちの形となっている。

ICEは22日、Bakktが12月に物理的に決済されるビットコイン先物取引を開始できると発表した。Bakktは、商品先物取引委員会(CFTC)が署名した条件として、先物契約で取引されるビットコインをICEのデジタル資産として実際に保有するとしている。

これらの先物契約は、とりわけニューヨーク証券取引所が保有するもうひとつの取引所の子会社であるICE Clear USを通じて清算される。

公式アナウンスによると、1つの先物契約につき1BTCとなっており、USドルで取引され、1営業日毎に決済がおこなわれる。

つまり、先に既に始まっているCMEとCboeのビットコイン先物取引であるCFD(差金決済取引)が決められた契約期間で決済されるのとは異なり、Bakktは自身が所有するビットコインの現物で毎営業日に決済が行われる。

Bakktは本来、スターバックスなどでビットコインを法定通貨(USドル)に変えて決済できる仕組みを持つプラットフォームであるとも発表されていたが、小売店での決済についての発表はまだない。今回のBakkt上場を皮切りに、リアル店舗での決済についてのニュースが引き続き期待されるところだ。

この取引プラットフォームはCFTCによる承認を待って、本来11月に開始する予定と見られていた。しかし12月まで延期となって開始する理由は何も明示されなかった。


 
 
出典:https://www.coindesk.com/crypto-defender-spars-with-famed-critic-during-us-senate-hearing/
Bitcoin Futures Could Go Live on ICE’s Crypto Trading Platform in December

 

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    強気派のブライアン・ケリー氏「ビットコインをマイナーは貯めこみ、需要は高まっている」

    ビットコイン価格が本日8,000ドルを下回り投資家達は次の動きを不安げ…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン指標「スーパーグッピー」が2018年以来はじめて強気に反転

    ■「スーパーグッピー」と言われるビットコインの価格指標が2018年1月…

  3. アルトコイン

    大手中国取引所BTCC – イーサリアムよりイーサリアムクラシックを支持する

    BTCCは中国の大手ビットコイン取引所で、つい最近、ビットコインと米ド…

  4. ビットコイン(BTC)

    中国はビットコインと仮想通貨取引をまもなく再開予定か?

    中国の仮想通貨業界において信用できるニュースソース「CNLedger」…

  5. ビットコイン(BTC)

    2017年終わりにはビットコイン価格が2,000ドルから3,000ドルへ上昇 – 複数の…

    ビットコインの価格は2017年が始まってから大きく価格変動を見せている…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコインを手堅い投資として見る方法!?

    ビットコインは昨年、驚くような高値に短期間で到達したことでその派手な値…

Bitcoin

Bitcoin

1,385,150.31

BTC 5.04%

Ethereum

Ethereum

36,219.60

ETH 1.93%

XRP

XRP

50.13

XRP -1.92%

Litecoin

Litecoin

13,997.56

LTC -4.20%

EOS

EOS

717.01

EOS -8.91%

Bitcoin Cash

Bitcoin Cash

51,993.55

BCH -1.96%

Binance Coin

Binance Coin

3,800.85

BNB -7.30%

Stellar

Stellar

12.98

XLM -5.98%

Tether

Tether

107.01

USDT -1.85%

Cardano

Cardano

10.57

ADA -7.85%

過去記事

新着記事

PAGE TOP