仮想通貨関連の職種、下落市場にも関わらず依然として関心強い

フィンテック
この記事は約2分で読めます。

雇用者と求職者、双方からのブロックチェーンと仮想通貨に関連する仕事への関心はこの1年間で減少したと最新のデータが示している。

もっとも大きな求人サイト米「indeed.com」(インディード)の試算によると、ビットコイン、ブロックチェーン、仮想通貨に関連するワードを含む職種は2017年の10月から2018年10月までに3.06%減少した(下のグラフの青線参照)。

一方、雇用者の関心(求人件数)は同期間に25.49%増加した(グラフの赤線参照)。

統計は昨年見られたものとはまったく異なるグラフを描いている、と米indeedは述べている。2016年10月から2017年10月までの求職者の関心は481.61%、雇用者の関心は325%増加した。

この過去数年間、仮想通貨に関連する役職の求職者の関心がとても高まってきているのを見ましたが、我々のデータは仮想通貨の価格がピークに達した頃に最も多くの求人が見られていたことを示しています。それ以降、求職者の興味は減少していますが、しかし依然として強いです。

先月公開されたジョブポータル「Glassdoor」の別のレポートによると、今年の8月と先月を比較して、ブロックチェーン関連の雇用が米国で300%増加したことが示された。

同レポートには、ブロック・チェーン関連の仕事の平均給与も61.8%増加し、84,884ドル(年収約960万円)となったことも記されている。
 
 
出典:https://www.coindesk.com/crypto-job-interest-still-strong-despite-decline-says-indeed
Crypto Job Interest ‘Still Strong’ Despite Decline, Says Indeed

タイトルとURLをコピーしました