アルトコイン

「売りだ」ライトコイン高騰後のマイケル・ノヴォグラッツ氏の発言

昨日13日、著名なビットコインバイヤー、マイケル・ノヴォグラッツ(Mike Novogratz)氏は、ライトコインの今週に入ってからのさらなる高騰は、持続的なものだとは信じがたいとし「ここで売りなさい。」と発言しました。

CNBCとのインタビューに対しノヴォグラッツ氏(仮想通貨ヘッジファンド「ギャラクシー・インベストメント・パートナーズ」の創設者)は、ビットコインがこの第4四半期後も投資家にとって買い場の機会を与えてくれると考えているが、ライトコインが同じ上昇をもたらすとは考えていない。と答えています。

ライトコインの売買にはビットコインと同じ足が存在するとは思えない。私ならここで売る。そしてビットコインを買う。

先週、ライトコインの価格は3倍以上に上昇し、仮想通貨取引所GDAXにおいては、なんと400ドルを超えました。現在、ライトコインの価格は主要取引所で300ドル前後を推移しています。時価総額にして5番目に高い仮想通貨となっています。

ライトコイン上昇の理由は?

ノヴォグラッツ氏は、この勢いは恐らく、ライトコインの創設者チャーリー・リー(Charlie Lee)氏が今週、いくつもの注目メディア出演を果たし、ビットコインとライトコインの両方に実装される予定のライトニングネットワーク技術について誇大宣伝していると考えた結果だと考えているようです。
(ライトニングネットワークを実装することにより、より早いトランザクションが可能となるとされています。)

次に、大手取引所Coinbaseにおいて、仮想通貨市場に参入してきた新規ユーザーらにとって、用意されている取引できるコイン3種のうち、ビットコインとイーサリアムに比べて、ライトコインが「安い」と感じてライトコインを購入しているのではないかと言います。

これこそが投機マニアが思いがちなことなのです。我々は投機マニアの真っ只中にいて、この分散型革命の第一段階はストーリーを売っているだけなのです。いずれのプロトコルもまだ「その時」に向けての準備は少なくとも2,3年は掛かるでしょうし、私たちは将来はどのようになる。といストーリーを売っているに過ぎない。

とノヴォグラッツ氏は言います。

ノヴォグラッツ氏読みを間違えていた!?

意外にも、ノヴォグラッツ氏はすぐに彼が掛けに失敗したことを発言しています。

彼はビットコインの上昇が1万ドルで一旦ピークを迎えると予想しており、その後は売りが続くと信じていました。そのため、彼は保有していたビットコインの一部を売却し、来ることはない底値を待って買戻しを狙っていたそうです。

「高くついたよ。」と彼は言いました。

私自身も1万ドルを超えてから、一旦BTCの売りましたが、その後ビットコインははるか高く上昇してしまいました。

投機のプロでもこのように考えていたのですから、自分がそのように思っても仕方が無い局面、チャートであったかと思います。それを捻じ曲げて上昇したビットコイン、異常なまでの買い圧力が続いたのだと思われます。

現在はややボラティリティも落ち着いているビットコインですが、今後どちらに動くのか注目です。

出典:https://www.cryptocoinsnews.com/sell-mike-novogratz-bearish-litecoin-price-surge/
‘Sell It Here’: Mike Novogratz Bearish After Litecoin Price Surge

よく見る青いチャート画面のアプリはここ↓
仮想通貨購入は、盗難補償ありで初心者に見やすいアプリ画面の
コインチェックをおすすめします。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. アルトコイン

    ビットコインのハードフォーク懸念の陰で急騰したライトコイン

    現在ビットコインはその取引処理能力(スケーラビリティ)をめぐる技術的な…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで決済出来るお店がじわじわ増えてきている!

    オンラインスーパーの「Touch mall」などでビットコインの決済が…

  3. アルトコイン

    イーサリアムが9月下旬にハードフォークを発表

    2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデートが9月…

  4. ビットコイン(BTC)

    「2018年仮想通貨の時価総額は200兆円になるだろう」- マイケル・ノヴォグラッツ氏

    マイケル・ノボグラッツ氏の発言は当ブログにて何度も紹介しています。…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの6か月ぶりの安値への下落にもかかわらず、保有者は”インザマネー”?

    ビットコイン保有者の大半は、6か月ぶりの安値に落ちたにもかかわらず、投…

過去記事

新着記事

PAGE TOP