仮想通貨、経済ニュース

「ビットコイン」が年間トップ検索ワードに – Goggleデータ

いよいよ2017年も残り3日となりました。この年の瀬になるとその年に最も検索されたワードが話題になります。

最近米グーグルから発表されたデータによると、「Bitcoin(ビットコイン)」がトップになる可能性があるといいます。

この巨大検索企業グーグルの、グローバルニュースカテゴリにおいて、ビットコインは2番目にランクINしました。ラスベガスの銃撃事件や、皆既日食など、2017年にあちこちで話題となったニュースがありましたが検索量はこれよりも多かったといいます。

同様に「How to buy bitcoin(ビットコインの買い方)」というワードも、「How to ○○」のカテゴリで3位にランクINとなりました。

このように、ビットコインと仮想通貨に関する興味が2017年でそれほど高かったこと、また、その関心の高さに比例して価格が強く上昇したことにもうなづけます。

ビットコインの価格は、2017年に20倍、1月の約900ドルから12月の19,783ドルに上昇しました。(BPI調べ) 全体の時価総額は、CoinMarketCapのデータからもわかるように、1月初め以来の170億ドルから、一気に650億ドルを超えました。

さらに興味深いのは、米国外の検索ユーザーが「Bitcoin」というワードの総合ランキングを押し上げているそうなのです。例えば、米国の国別ではグーグルのデータによると、ビットコイン関連の用語は世界的な内訳に比べて低い検索率だという結果が出ています。

事実、グーグルトレンドの「Bitcoin」を検索すると、現在の検索ボリュームに最も貢献している国には、南アフリカ、スロベニア、オランダ、ナイジェリア、オーストリアなどがあり、米国は16位となっています。

ちなみに、日本など他のアジアでは英語でBitcoinと検索することは少ないと思います。どちらかというと「ビットコイン」という日本語ワードや自国の言葉で検索されるでしょうね。

日本語で調べてみると、11月下旬から検索率が急上昇しています。ビットコインやその他のアルトコインもこの頃から価格がうなぎ登りでしたから、この頃から関心の高さも重なり資金が市場に流れ込んできたことがうかがえますね。

出典:https://www.coindesk.com/bitcoin-among-years-top-searches-google-data-says/
Bitcoin Among Year’s Top Searches, Google Data Says

 
 
仮想通貨の購入は、盗難補償ありで初心者に見やすいアプリ画面の
コインチェックがおすすめです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    Bitfinexハッキング問題後の市場状況

    Bitfinexのハッキング問題から一夜明け、ビットコイン…

  2. 仮想通貨、経済ニュース

    国家独自のICO、エストニアが検討。世界初となるか

    エストニア共和国が国家による世界初のICOを検討していることがわかりま…

  3. ビットコイン(BTC)

    中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で

    10月12日の北京で、国際電気通信連合(ITU)と中国社会科学アカデミ…

  4. 仮想通貨、経済ニュース

    野村ホールディングス、仮想通貨の保管サービスの研究開始を発表

    機関投資家向けに安全なデジタル資産保管ソリューションを提供するため、「…

  5. 仮想通貨、経済ニュース

    15年ぶりの中国人民銀行総裁はビットコインに好意的

    中国の中央銀行である中国人民銀行は、15年ぶりに新総裁を迎えました。新…

  6. 仮想通貨、経済ニュース

    SBI、仮想通貨取引サービス開始。一般は7月予定

    SBIホールディングスは6月4日、子会社のSBIバーチャル・カレンシー…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    2017年にビットコインに投資すると良いのはなぜか?
  2. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:5月23日の相場
  3. 仮想通貨、経済ニュース

    Wirexカードが10月15日で利用停止に 新たなカードも
  4. ビットコイン(BTC)

    ノーベル経済学賞 米主流派がまた受賞か 中にはビットコイン考案者推す声も!?
  5. フィンテック

    みずほ銀行×ソフトバンク「フィンテック貸金業」
PAGE TOP