仮想通貨全般/経済

コインチェックがイーサリアム、リスク、ネムの入金・購入を再開

12日、仮想通貨取引所コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区)が、イーサリアム、ネム、リスクについても入金・購入を再開したと発表した。

2018年10月30日に新規口座開設ならびに一部仮想通貨の入金・購入を再開いたしましたが、今般、ETH・XEM・LSKについても、外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了いたしましたので、2018年11月12日より、当該仮想通貨の入金・購入を再開いたしましたことをお知らせいたします。

コインチェックで取り扱う全ての仮想通貨は、元より出金・売却については可能であった。

今回の入金・購入の再開を受け、残されるはリップル(XRP)とファクトム(FCT)が入金・購入再開を待つのみである。
 

現在利用可能なサービス

・新規口座開設(国内居住のユーザーのみ)

・仮想通貨の入金、購入(BTC・ETC・LTC・BCH・ETH・XEM・LSK)

・仮想通貨の出金、売却(全取扱仮想通貨対象)

・日本円の入金、出金

・レバレッジ取引における決済、証拠金の入出金

・Coincheck貸仮想通貨サービス(全取扱仮想通貨対象)
 
コインチェックは10月30日に新規顧客の受け入れを再開したばかりだった。今後の完全復活が待たれる。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    韓国最大のビットコイン取引所Bithumb、インドへの大きな挑戦に乗り出す

    UPbitと並んで韓国最大のビットコイン取引所であるBithumbは、…

  2. 仮想通貨全般/経済

    ロシア中央銀行がサンドボックスでステーブルコインをテスト

    直近の報告によると、ロシア銀行はステーブルコインの性能をテストするため…

  3. 仮想通貨全般/経済

    SBI Ripple Asiaコンソーシアムを利用した詐欺セールスに注意喚起

    SBI Ripple Asia が事務局を務める「国内外為替の一元化検…

  4. 仮想通貨全般/経済

    (予想通り?)米国証券取引委員会はビットワイズのビットコインETF承認決定を再び延期

    米国証券取引委員会(SEC)は14日、ビットコインの上場投資信託(ET…

  5. 仮想通貨全般/経済

    2018年「成熟した」仮想通貨市場が多くの投資を引き寄せる

    香港に拠点を置く仮想通貨投資会社Orichal Partnersの設立…

  6. 仮想通貨全般/経済

    Zaifがハッキングで67億円の被害 – 利用規約を前日に更新していた

    日本の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は20日、…

過去記事

新着記事

PAGE TOP