仮想通貨全般/経済

コインチェックがイーサリアム、リスク、ネムの入金・購入を再開

12日、仮想通貨取引所コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区)が、イーサリアム、ネム、リスクについても入金・購入を再開したと発表した。

2018年10月30日に新規口座開設ならびに一部仮想通貨の入金・購入を再開いたしましたが、今般、ETH・XEM・LSKについても、外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了いたしましたので、2018年11月12日より、当該仮想通貨の入金・購入を再開いたしましたことをお知らせいたします。

コインチェックで取り扱う全ての仮想通貨は、元より出金・売却については可能であった。

今回の入金・購入の再開を受け、残されるはリップル(XRP)とファクトム(FCT)が入金・購入再開を待つのみである。
 

現在利用可能なサービス

・新規口座開設(国内居住のユーザーのみ)

・仮想通貨の入金、購入(BTC・ETC・LTC・BCH・ETH・XEM・LSK)

・仮想通貨の出金、売却(全取扱仮想通貨対象)

・日本円の入金、出金

・レバレッジ取引における決済、証拠金の入出金

・Coincheck貸仮想通貨サービス(全取扱仮想通貨対象)
 
コインチェックは10月30日に新規顧客の受け入れを再開したばかりだった。今後の完全復活が待たれる。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    米著名投資家ミラー氏、ビットコインにポジティブな見解

    現時点では仮想通貨エコシステムについて良くも悪くも様々な意見が飛び交っ…

  2. 仮想通貨全般/経済

    Coinbase、日本でのライセンス承認の厳しさに不安は無い

    巨大仮想通貨取引所の「Coinbase(コインベース)」は日本の金融庁…

  3. ビットコイン(BTC)

    Zaifのバグで21億BTCを購入できてしまった事件が発生

    日本の主要仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」においてとんでもない事件…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ビットポイントがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出

    株式会社リミックスポイントは12日、子会社である仮想通貨取引所のビット…

  5. 仮想通貨全般/経済

    Zaifがハッキングで67億円の被害 – 利用規約を前日に更新していた

    日本の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は20日、…

  6. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない

    シンガポール通貨庁の責任者は、シンガポールにはビットコインなどの仮想通…

過去記事

新着記事

PAGE TOP