仮想通貨全般/経済

シンガポール、仮想通貨決済サービスの規制枠組みが完成

シンガポールの中央銀行は、仮想通貨を含む決済サービスのため国の新しい規制枠組みを確立した。

現行の規制枠組みの枠外にある仮想通貨支払いサービスプロバイダーは、新しい体制下でライセンスを取得する必要がある。

仮想通貨決済サービスの規制

シンガポールの中央銀行であるシンガポール通貨当局(MAS)は今週月曜、決済サービスの新しい規制枠組みを確定したと発表した。

決済サービス法案は、「改革に向けてより助けになる環境を提供する一方で、ペイメントバリューチェーン全体のリスクを軽減することを保証する」とMASは説明した。この法案は、文部科学大臣とMAS理事であるOng Ye Kung(オング・イ・カン)氏によって議会に提出された。

現在の規制外にある暗号化サービスプロバイダーは、新しい規制の枠組みの下でライセンス供与を受けることが期待されると説明、同氏は、「Grabpay、ビットコイン、イーサリアムなどのウォレットやデジタル決済トークンに影響を及ぼすことが予想される。」と指摘した。

法案で規制される取引活動には、アカウントや電子マネーの発行、シンガポール内外への送金、プラットフォームを使用する加盟店契約、両替、ビットコインのようなデジタル決済トークンの取扱いや交換などが含まれる。

並行した規制の枠組みとライセンス

中央銀行の発表によれば、法案は2つの並行した規制の枠組みで構成されている。

第1に「中央銀行は財務の安定性と効率性の理由から、システム的に重要な決済システムを規制することができる。」

もう1つは「小売決済サービスプロバイダーのライセンスを必要とする。」いずれの時点でも、サービスプロバイダーごとに1つのライセンスが必要であるとMASは指摘している。

MASは、新しい法律が施行された後、支払いサービス提供者が変更を遵守するまでに最大12ヶ月を要する。 デジタル支払いトークンを提供する人には、6ヶ月の猶予期間が与えられる。

各国で仮想通貨決済サービスの具体化に向けて規制が整うごとに、仮想通貨のデジタル資産としての確立が進むだろう。
 
 

出典:https://news.bitcoin.com/singapore-regulatory-framework-cryptocurrency-payment-services/
Singapore Finalizes Regulatory Framework for Cryptocurrency Payment Services

関連記事

  1. ブロックチェーン

    ICO規制で中国ブロックチェーンカンファレンスが中止に

    中国のメディア(Caixin)によると中国人民銀行(PBoC)は、多く…

  2. ビットコイン(BTC)

    Wirexカード個人認証して限度額を上げよう

    カードが手元に届いたら個人認証の申請を「Wirexデビ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    SBI、仮想通貨取引サービス開始。一般は7月予定

    SBIホールディングスは6月4日、子会社のSBIバーチャル・カレンシー…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」は国債か?翌日には第2弾「ペトロゴールド」も発表

    20日、ベネズエラは、石油に裏付けされるとした仮想通貨「ペトロ」のプレ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    リミックスポイント、仮想通貨でタクシーなど決済の取り組み

    リミックスポイント株式会社は、日の丸リムジン株式会社と協力して、東京の…

  6. 仮想通貨全般/経済

    ビットフライヤー、業務改善命令を受け新規アカウント作成一時停止

    金融庁は22日、大手BitFlyer(ビットフライヤー)など、仮想通貨…

過去記事

新着記事

PAGE TOP