仮想通貨全般/経済

金融庁、仮想通貨から「暗号資産」に名称変更

金融庁はビットコインをはじめ、インターネット上で扱われる仮想通貨の名称を「暗号資産」に改めると発表した。改称の明確な時期は決まっていない。

今まではネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金対策を審査する国際組織の金融活動作業部会(FATF)にならい「仮想通貨=バーチャルカレンシー」との呼び名が定着していた。

G20など国際会議の場では暗号資産(Crypto Asset)と表現されるのが主流であるほか、法定通貨と誤解される恐れがあるためとしている。

送金や支払い手段として今後も捉えていく場合には「通貨」と呼ぶ方がふさわしいような気もするが、「資産」と位置づけることに、金融庁のなんらかの意図があるかは不明だ。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    GMOビットコインのマイニングに参入 独自チップ開発へ

    GMOインターネットは9月7日、ビットコインの採掘(マイニング)事業を…

  2. ビットコイン(BTC)

    (悲報)XAPOデビットカードが突然の中止を発表

    当ブログでもご紹介していたXAPOのカード。ビットコインをチャージして…

  3. 仮想通貨全般/経済

    Wirexカードが10月15日で利用停止に 新たなカードも

    当ブログでも紹介していた、「Wirex」(ビットコインのチャージ式)デ…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマン・サックス、ビットコイン取引商品の案内を静かに始める

    米大手投資銀行のゴールドマン・サックスは、限られた顧客に対してまだ発売…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ロシア仮想通貨に対する規制見直し、石油に裏付けされた独自仮想通貨を発表

    ロシア政府は係争中である仮想通貨規制法案に関する決議案を可決することを…

  6. アルトコイン

    これは暗号通貨の終わりなのか?そうではない。

    本日の仮想通貨市場は全面的に大きく下げ、下げ止まらない価格にホルダー達…

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
QUOINEX
PAGE TOP