仮想通貨全般/経済

金融庁、仮想通貨から「暗号資産」に名称変更

金融庁はビットコインをはじめ、インターネット上で扱われる仮想通貨の名称を「暗号資産」に改めると発表した。改称の明確な時期は決まっていない。

今まではネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金対策を審査する国際組織の金融活動作業部会(FATF)にならい「仮想通貨=バーチャルカレンシー」との呼び名が定着していた。

G20など国際会議の場では暗号資産(Crypto Asset)と表現されるのが主流であるほか、法定通貨と誤解される恐れがあるためとしている。

送金や支払い手段として今後も捉えていく場合には「通貨」と呼ぶ方がふさわしいような気もするが、「資産」と位置づけることに、金融庁のなんらかの意図があるかは不明だ。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    フェイスブックは独自仮想通貨を上場の可能性を取引所に示唆

    世界で広く使用されているFacebook(フェイスブック)が仮想通貨を…

  2. 仮想通貨全般/経済

    米半導体メーカーNvidiaのCEOが悩むほどのマイニング需要

    米国を拠点とする半導体メーカーNvidia(エヌビディア)は先日、通期…

  3. 仮想通貨全般/経済

    2020年、Facebookが独自仮想通貨グローバルコインを発表するとBBCが報道

    英BBCの報道によると、ソーシャルメディアの大手フェイスブックは、20…

  4. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック再始動に向けて人材募集開始

    今年1月にNEM大量流出事件により多額の仮想通貨が盗まれた事件から約半…

  5. 仮想通貨全般/経済

    オーストラリア1200箇所のニューススタンドでビットコインとイーサリアムを販売中

    オーストラリアに居る仮想通貨ホルダーは、国内にある1200箇所に及ぶニ…

  6. 仮想通貨全般/経済

    送金手数料が無料!?リップルの技術を使った「Money Tap」がダウンロード開始

    本日4日、SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営…

過去記事

新着記事

PAGE TOP