仮想通貨全般/経済

GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業で355億円の特別損失、マシン販売からは撤退するもマイニングは継続

GMOインターネット株式会社(東証:9449)は25日、自社のホームページにおいて仮想通貨マイニング事業における特別損失計上を発表した。

当社は、 本日の取締役会において、2018年12月期第4四半期決算(2018年10月1日~2018年12月31日)に、仮想通貨マイニング事業に係る特別損失を計上することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

自社マイニング事業の減損損失など約115億円、マイニングマシンの開発・製造・販売事業 債権譲渡損などで約240億円と内訳を記載しており、合計で355億円の特別損失を計上する。

理由として、「足元の仮想通貨価格の下落、想定を上回るグローバルハッシュレートの上昇により想定通りのマイニングシェアが得られなかったこともあり、当社グループの自社マイニング事業の収益性は悪化しておりました。」と説明している。

今後、マイニングマシンの開発・製造・販売を中止するが、マイニング事業は継続を行っていくと言う。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    Huobi、日本のBitTradeを買収。本格的に日本市場に参入

    日本に正式なライセンスを持つ仮想通貨取引所は16社しかない。そのうちの…

  2. 仮想通貨全般/経済

    ジョン・マカフィー氏「仮想通貨の上昇ラリーが近い」

    ジョン・マカフィー氏は仮想通貨の上昇ラリーが間もなくやってくるだろうと…

  3. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨決済サービスの規制枠組みが完成

    シンガポールの中央銀行は、仮想通貨を含む決済サービスのため国の新しい規…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマン・サックス、ビットコイン取引商品の案内を静かに始める

    米大手投資銀行のゴールドマン・サックスは、限られた顧客に対してまだ発売…

  5. ビットコイン(BTC)

    Zaifのバグで21億BTCを購入できてしまった事件が発生

    日本の主要仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」においてとんでもない事件…

過去記事

新着記事

PAGE TOP