仮想通貨全般/経済

GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業で355億円の特別損失、マシン販売からは撤退するもマイニングは継続

GMOインターネット株式会社(東証:9449)は25日、自社のホームページにおいて仮想通貨マイニング事業における特別損失計上を発表した。

当社は、 本日の取締役会において、2018年12月期第4四半期決算(2018年10月1日~2018年12月31日)に、仮想通貨マイニング事業に係る特別損失を計上することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

自社マイニング事業の減損損失など約115億円、マイニングマシンの開発・製造・販売事業 債権譲渡損などで約240億円と内訳を記載しており、合計で355億円の特別損失を計上する。

理由として、「足元の仮想通貨価格の下落、想定を上回るグローバルハッシュレートの上昇により想定通りのマイニングシェアが得られなかったこともあり、当社グループの自社マイニング事業の収益性は悪化しておりました。」と説明している。

今後、マイニングマシンの開発・製造・販売を中止するが、マイニング事業は継続を行っていくと言う。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    バークレイズの元トレーダー、ビットフライヤーへ転職。既存の金融機関に未来を感じられない。

    イギリス・ロンドンに本拠を置く「バークレイズ」の元トレーダーである村山…

  2. ビットコイン(BTC)

    国税庁ビットコインの税金区分を発表

    多くの人が以前から議論を続けている、仮想通貨に掛かる税金について。…

  3. ビットコイン(BTC)

    Baiduが全てのビットコイン関連の広告を禁止

    検索エンジンとウェブサービスを提供する中国大手企業Baiduが、先日全…

  4. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック遂に金融庁で正式登録、NEM不正流出事件から1年

    金融庁は11日、仮想通貨取引所コインチェックに対し、仮想通貨交換業のラ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    弱気市場でも生き延びる仮想通貨マイナー達

    現在の仮想通貨の弱気市場では、マイニング機材の減価償却費によってマイナ…

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
PAGE TOP