ジャパンブロックチェーンカンファレンス2019が閉会、気になるプロジェクトを紹介

ブロックチェーン
この記事は約2分で読めます。

アジア最大級のブロックチェーンイベント「Japan Blockchain Conference2019 YOKOHAMA Round」が1/30・31の会期を終え閉会した。

世界の先駆者たちが一堂に集まり、日本からは楽天やLINE、DMMなどがプロジェクトプレゼンや基調講演を行った。その中でも現在たくさんの問題を抱えている「マイニング」を革新的な技術で解決するプロジェクトを発表したSKYHASH OÜが大きな注目を集めた。

SKYHASH OÜは新たな報酬サイクルを世界中のマイナーが利用できるマイニングプラットフォーム「SKY-NET」をSKYHASH Technical AdvisorであるDr.高橋宏尚Ph.Dがステージで発表した。

私たちが開発するSKY-NETは新たな報酬サイクルを提案するプラットフォームである

また、SKYHASHのブースではたくさんの来場者が集まり技術の説明や発表時期などの説明を受けていた。

同イベントに出展していた世界的ASICメーカー「Innosilicon」のCEOもSKYHASHのブースで説明を受けていた姿が印象に残った。

昨年、様々なICOプロジェクトが日本から発表されたが世界的に技術が評価されたものはほとんどないがSKYHASHはどうだろうか?
SKYHASHは開発資金調達のためのICOを2/1から開始。国内外から非常に注目を集めている。
今後も関心の高いプロジェクトとなりそうだ。

SKYHASH ICOサイト:https://ico.sky-hash.net/
Japana Blockchain Conference 2019 YOKOHAMA Round

※この記事は投資を促すものではありません。各自で判断してください。

タイトルとURLをコピーしました