ビットコイン(BTC)

ファンドストラットのトム・リー氏「2019年ビットコインは回復の見込み」

仮想通貨強気派で知られるトーマス・リー(Thomas Lee)氏のファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ(Fundstrat Global Advisors)は、2019年の仮想通貨市場の展望を発表した。

発表した内容は徐々にポジティブな動きが見られることを示唆している。

必ずしも更なる底値が待っているわけではない

ファンドストラット社のヘッドアナリストであるトム・リー氏は同社の2019年の仮想通貨市場における見通しを発表、「2018年はデジタル通貨に対する失望の年となった。また仮想通貨に対する期待はほぼ無いか、あるいは非常に低い。」と概説している。

それに加え、「2019年は必ずしも主流のブレイクアウトの年だとは言えない。」と述べている。しかしながら2019年が仮想通貨の価格が底になるとも言い難いとしている。

このレポートでは、デジタル通貨の将来価値に関する正確な予測を提供はしないものの、2019年末までに価格が目に見える回復を見せると説明している。

そしてわずか1日後、市場全体で時価総額100億ドル以上の増加を見せ、ビットコインは11%急上昇し、数時間で3,700ドルに到達した。

2019年が今より高値になる理由とは

リー氏は、自分の会社が上記の結論に至った要因を明らかにした。


「我々は、価格を上へサポートする9つの徐々に改善する点を背景に見ています。以下を参照してください。」

この図を見るとどうやら仮想通貨の価格回復を助ける10項目の要因があり、そのうち1つだけがネガティブであり、残り9つはポジティブなサインが出ているようだ。

2019年ネガティブな要因として唯一挙げているのは「funds having difficulty raising capital」つまりはファンドが資金を集めるのに苦労する。ということのようだ。

逆に、先日発表されたバイナンスのクレジットカードで仮想通貨を購入できるようになったニュースはフィアットから仮想通貨への流れを良くすると好感され、ポジティブ要因となっている。

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-bottom-mainstream-2019-fundstrat/
Bitcoin Will Recover Without ‘Mainstream Breakout’ in 2019, Says Fundstrat

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割り込む。

    米証券取引委員会(SEC)は26日、ビットコインETFを証券取引所に上…

  2. ビットコイン(BTC)

    債券王、グロース氏 – 投資家の自衛策としてビットコインの魅力高まる公算

    無限の紙幣増刷が可能な限りは機能する戦略で、中銀は負けるたびに倍賭けす…

  3. ビットコイン(BTC)

    早稲田大学の教授が語るビットコイン

    早稲田大学教授、岩村充さんが「ビットコインの未来」について以下のように…

  4. ビットコイン(BTC)

    中国の家電製品にビットコインのマイニングチップを埋め込む!?

    中国の家電メーカー、マイディアグループ/Midea(美的集団)は、家電…

  5. ビットコイン(BTC)

    日本初!ミニバンレンタカーの支払いにビットコイン決済機能を搭載

    沖縄でサービスを提供する「スピードレンタカー」と「ミニバンレンタカー」…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコインがゴールドの価値を上回る

    先日、ビットコインが3年ぶりに高値を更新したことをお伝えしましたが、勢…

過去記事

新着記事

PAGE TOP