ビットコイン(BTC)

中国の大口投資家「クジラ」はビットコインの購入にOTC取引を利用

中国における仮想通貨関連のニュース報道で知られるCNLedgerによると、中国の店頭市場(OTC)は最近、強い買いを示しており、ビットコインへ需要が全体的に増加しているという。

1/中国市場は強い買いを見せました。OTC(店頭)取引は、中国において法定通貨(元)でビットコインを購入するほぼ唯一の方法で、1USD=6.7CNYの公式レートに対してかなりのプレミアム(1USDT=7CNY)を示しています。

 

2017年9月に中国政府がビットコインと仮想通貨の取引を禁止した後、地元メディアは比較的多数のビットコイン投資家がVPNs、ステーブルコイン、OTCを利用し、規制を回避しながら、まだ積極的に資産を取引してしていると報道している。

中国人投資家からのビットコインへの高い需要は、ステーブルコインのプレミアム価格に反映されている。

公式レートの基づくと、現在1ドルは約6.72中国人民元(CNY)の価値がある。しかし、OTC取引プラットフォームやHuobiのようなアジアを拠点とする取引所では、1USDTが7CNY前後で取引されており、4%のプレミアムが付いている。

中国では仮想通貨取引が全面的に禁止されているため、投資家が仮想通貨を売買する唯一の方法はピアツーピア(P2P)市場または店頭市場(OTC)のいずれかによるものとなる。

投資家がOTC取引を通じてビットコインまたはUSDTを得ると、VPNを使用して世界の仮想通貨取引所で取引を行い、仮想通貨同士で取引を行うことができる。よってステーブルコインにプレミアムが付いて上昇しているのは、一般的に仮想通貨に対する需要が価格を押し上げるのに十分で圧倒的であることを示唆している。

なぜ中国で投資家が突然ビットコインに興味を持ったのか?

「Light」として知られるアナリストによると、ビットコインのような仮想通貨のオフショア機能、あるいは本来のビットコインの特徴的な価値の蓄積は、投資家にとって魅力的であることを再びアピールしているという。

中国、韓国、マレーシアなどのアジア主要国の多くは、厳格な資本規制が実施されている。投資家が必要な承認や厳密な検証なしに国外で多額の資金を受け取ることは困難である。しかしビットコインはごく少数の金融商品しか提供できない海外市場に価値を移転するプロセスを容易にする。

仮想通貨に対する中国の需要の復活を目の当たりにしています。1年以上の比較的静かだった後にこのトレンドはやってきていて、中国の取引量がキング(トップ)でであった頃を思い出させます。

アナリストはこう述べた。

ボラティリティやオフショア機能だけではなく、様々な理由から仮想通貨は中国の投資家の想像力を捉えていた。2016年後半には、ビットコインの90%以上が元(CNY)と対で取引されていた。

中国での大口取引はビットコイン価格を引き上げるか?

Bitwise Asset Management(ビットワイズ・アセット・マネジメント)の報告によると世界のビットコイン販売量の大部分は米国、特に先物市場に集中しており、これは多くの人に予想外の統計であると思われる。

世界のビットコイン取引量の約35%がCMEおよびCBOEの先物市場によって処理されていると言われており、米国はビットコイン取引の最大の単一市場となっている。

ビットワイズはこのように述べている。

偽の取引量を取り除いてみると、CMEとCBOEの先物取引量は、特に実際のスポット取引量(2019年2月の35%)と比較すると、かなりの量(9100万ドル)です。これは朗報です。なぜなら規制され、監視されているCMEの市場はETFにとって重要な材料となる規模であることを意味します。

現実的なところ、中国におけるビットコインの強い買いの増加は短期的に見れば資産の価格をすぐに押し上げる要因となる可能性は低いだろう。しかし、厳格な規制が敷かれている地域(中国)の資産クラスとして、仮想通貨に対する需要と関心が著しく高まっていることを示しているのは確かだ。

投資家が仮想通貨取引の制限を回避することができれば、それはまた中国当局に仮想通貨規制への扱いについて再考させることができる。仮想通貨には、個々の投資家が取引を継続するために利用できる多くの方法があるため、厳格な規制よりも包括的な「禁止」を強いることはかなり困難であるといえるだろう。

そのため、2018年初頭に韓国政府による仮想通貨取引の禁止が計画されていたとの報告があるにもかかわらず、現に韓国当局は厳格な規制の方を採用している。

出典:https://www.ccn.com/chinese-crypto-whales-avoid-ban-with-premium-otc-trading-to-buy-bitcoin
Chinese Crypto Whales Avoid Ban with Premium OTC Trading to Buy Bitcoin

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    2014年と比べると2018年のビットコイン下落は短いものとなるだろう

    2014年と2018年のビットコインの中期的なチャートを見比べ価格のト…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、フランスのタバコ店で販売開始

    フランスの首都パリで少なくとも24のたばこ店がビットコインクーポンの販…

  3. アルトコイン

    自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュの年になる」

    自分こそがビットコインの生みの親であるとする、自称「サトシ・ナカモト」…

  4. ビットコイン(BTC)

    「95%の確立でビットコインは底を打った」Willy Woo氏

    仮想通貨アナリスト、Willy Wooはビットコインの最悪の事態は95…

過去記事

新着記事

PAGE TOP