ビットコイン(BTC)

バイナンスの米国子会社が30種類の暗号通貨上場を検討中

世界最大の取引量を誇る暗号通貨取引所、バイナンス(Binance)の米国子会社は、30種類の暗号通貨の上場を検討している。

9日のミディアム(Medium)の投稿によると、バイナンスUS(「米国の暗号通貨にアクセスするためのオーダーメイドプラットフォーム」)は、国のコンプライアンス要件を満たすためにデジタル資産リスク評価の枠組みを採用した。としている

これは、マルタに拠点を置く取引所が米国市場へ正式に参入するため、BAM Trading Servicesとのパートナーシップを発表した翌日、6月から米国市民が主要な取引プラットフォームへのアクセスを禁止した流れを汲んでの発表である。

バイナンスはこのように述べている。

バイナンスUSは、ユーザーが真の実用性を備えたプロジェクトを発見するオープンで競争の激しい市場に参加できるよう、高品質のデジタル資産を豊富に取り揃えた信頼ある効率的な市場になるよう努めています。

同社はまた、30種類の暗号資産を米国のプラットフォームでローンチすることを検討していることを発表した。これらには、時価総額にトップランクしているBTC、ETH、LTCなどと同じく、独自通貨のBNBトークンが含まれる。

バイナンスは7月にシンガポールで取引所を開設し、エコシステムを拡大した。しかし、米国子会社の立ち上げの正式なスケジュールはまだ発表されていない

出典:https://www.coindesk.com/binances-us-subsidiary-is-weighing-30-different-cryptos-for-listing
Binance’s US Subsidiary Is Weighing 30 Different Cryptos For Listing

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    Blocktrailがビットコイン・アプリ”をローンチ

    「Blocktail」社のアプリを使えばユーザーはQRコードや長いアド…

  2. ビットコイン(BTC)

    Mt.Goxの仮想通貨売却でビットコインが再び2018年安値に

    ビットコインの価格は、2月6日に今年の最安値67万円台を底打ちしたあと…

  3. ビットコイン(BTC)

    ブライアン・ケリー氏「ほぼ底に入っているがまだショートだ」

    デジタル資産投資会社BKCM LLCの創設者兼CEOであり、CNBCの…

  4. ビットコイン(BTC)

    米国投資家”ソフトな”ETFの代替商品「ETN」へ投資可能に

    15日、米国人投資家をターゲットに、ビットコインベースの上場投資証券(…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン購入時の消費税を非課税に、金融庁が求める

    海外では仮想通貨を非課税とする国が多く、主要7カ国(G7)で課税してい…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格が重要なライン6,000ドル突破

    ブル(買い圧力)が戻ってきた。しばらくの横ばいが続いた後、ビットコイン…

過去記事

新着記事

PAGE TOP