仮想通貨全般/経済

バイナンス、フェイスブックのLibraのような独自通貨「Venus(ヴィーナス)」を発表

世界最大の暗号通貨取引所バイナンス(Binance)は19日、Facebookが進行中の独自通貨リブラ(Libra)に対抗して、取っておきの切り札を発表した。

明らかにされた「ヴィーナスプラン(Venus Plan)」 とは、暗号通貨がもたらした技術革新力を使って、金融の覇権を終わらせる計画だ。「Venus」はLibraの独立した地域バージョンとなるだろう。

バイナンスが世界中に規制ネットワークを持ち、グローバルで多次元の顧客ネットワークとコンプライアンスシステムの確立を計画していると説明しているため、FacebookのLibraとは異なり、Venusは規制上の問題に直面しないことが期待される。

バイナンスは、最大の取引所運営の分散ネットワークの1つBinance Chain(バイナンス・チェーン)を使用したものになるかもしれない。発表はさらに、新しいステーブルコインの安全な運用のために、パブリックチェーンテクノロジーと国境を越えた支払いシステムを既に確保していると付け加えた。

最新の通貨チェーンは安全に安全を重ねて稼働しており、BTCベースのステーブルコインとユーロベースのステーブルコインを発行しています。最適化を繰り返した後、当社の転送速度はすでに従来の銀行支払いシステムに匹敵します。

前述のように、「ヴィーナスプラン」は、金融の覇権を終わらせ、発展途上国の改善をさらに促進し、全体として金融経済を再構築することを望んでいる。さらに、「これらの新興技術を最初に採用する国は、ビットコインが先駆けであったように、ビットコインと同じように優位に立つだろう」と述べている。

ドビー・ワン(Dovey Wan)氏はこれについて、下記の様に意見を述べバイナンスの新しい計画を称えた:

私の一般的な感覚として、これがBinance Chainの採用へのもう1つの後押しになると思います。これは理にかなっており、BinanceChainでの公式のフィアット通貨の発行意外にさらに良いものなど有りえない。
BinanceChainでフィアットを保護し、そしてBNBを押し上げる

https://eng.ambcrypto.com/binances-version-of-libra-dubbed-venus-plan-is-out-of-the-box/
Binance’s version of Libra, dubbed “Venus Plan” is out of the box

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    熊本電力が新規マイニング事業を立ち上げ

    20日熊本電力は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし、…

  2. ビットコイン(BTC)

    億万長者のノヴォグラッツ氏、資産の10%は仮想通貨

    億万長者のマイケル・ノヴォグラッツ氏は、彼の全資産の10%が仮想通貨に…

  3. 仮想通貨全般/経済

    モスクワ証券取引所が仮想通貨の取引を計画中

    モスクワ証券取引所は仮想通貨の取引をまもなく開始する見通しだということ…

  4. アルトコイン

    SBI株主総会で新仮想通貨取引所”SBI MAX”について触れる

    本日SBIホールディングスの株主総会が開催されました。SBIは…

  5. 仮想通貨全般/経済

    中国のICO停止措置は一時的なもの 今後はライセンス導入も

    国営テレビ局CCTV-13でのインタビューの中で、中国政府が支援してい…

  6. ビットコイン(BTC)

    UberやAirbnbの早期投資家「誰もが仮想通貨に投資するべき」

    過去10年間のうち、最も成功を収めた2つのスタートアップである米国発の…

過去記事

新着記事

PAGE TOP