仮想通貨全般/経済

コインベースの調査、トップ50大学の56%で仮想通貨の授業がある

28日に公開されたCoinbase(コインベース)の調査で、暗号通貨とブロックチェーンに対する学問的関心は全面的に高まっていることが分かった。

仮想通貨取引所のコインベースは、世界のトップ50の大学(U.S.news & World Reportによる)を調べた結果、56%の大学にブロックチェーンまたは暗号通貨の授業を設けていることが分かった。昨年は42%であった。

これには、米スタンフォード大学やコーネル大学を筆頭にカリフォルニア大学バークレー校、英国のエジンバラ大学、シンガポール国立大学などが含まれる。

調査サイトQriouslyと協力して、コインベースは16歳以上の735人の学生も調査し、暗号通貨またはブロックチェーンのコースワークに対する学生の関心が6%増加していることを発見した。昨年の調査の一環として、回答者のうち、28%がこのようなクラスに興味があると答えている。

法律や経済学部での授業の割合も高い(引用元:コインベース)

情報工学だけではなく、経済学やファイナンス、法律、経営学部で授業を提供されるケースが多い結果が出ている。

学生クラブは、学問的関心の主要な原動力でもある。 調べによると、50の大学のうち41校が暗号通貨またはブロックチェーンに関連する学生運営グループを持っているという。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国、規制内容明らかに。仮想通貨の実名取引を1月30日から開始

    韓国は1月30日から、仮想通貨取引所に登録している仮想口座を、実名確認…

  2. ビットコイン(BTC)

    【朗報】バンドルカードのビットコインチャージ機能が復活

    一時サービスが停止されていた「バンドルカード」のビットコイン(BTC)…

  3. 仮想通貨全般/経済

    バルト諸国で増えているビットコイン払い

    エストニア、ラトビア、リトアニアなどのバルト諸国では包括的な規制が導入…

  4. 仮想通貨全般/経済

    米半導体メーカーNvidiaのCEOが悩むほどのマイニング需要

    米国を拠点とする半導体メーカーNvidia(エヌビディア)は先日、通期…

  5. 仮想通貨全般/経済

    韓国最大のビットコイン取引所Bithumb、インドへの大きな挑戦に乗り出す

    UPbitと並んで韓国最大のビットコイン取引所であるBithumbは、…

  6. 仮想通貨全般/経済

    主要取引所”Bittrex”のユーザー、数ヶ月間に渡る遅延問題を抱えている

    米国拠点の主要仮想通貨取引所「Bittrex」(ビットレックス)のユー…

過去記事

新着記事

PAGE TOP