仮想通貨全般/経済

コインベースの調査、トップ50大学の56%で仮想通貨の授業がある

28日に公開されたCoinbase(コインベース)の調査で、暗号通貨とブロックチェーンに対する学問的関心は全面的に高まっていることが分かった。

仮想通貨取引所のコインベースは、世界のトップ50の大学(U.S.news & World Reportによる)を調べた結果、56%の大学にブロックチェーンまたは暗号通貨の授業を設けていることが分かった。昨年は42%であった。

これには、米スタンフォード大学やコーネル大学を筆頭にカリフォルニア大学バークレー校、英国のエジンバラ大学、シンガポール国立大学などが含まれる。

調査サイトQriouslyと協力して、コインベースは16歳以上の735人の学生も調査し、暗号通貨またはブロックチェーンのコースワークに対する学生の関心が6%増加していることを発見した。昨年の調査の一環として、回答者のうち、28%がこのようなクラスに興味があると答えている。

法律や経済学部での授業の割合も高い(引用元:コインベース)

情報工学だけではなく、経済学やファイナンス、法律、経営学部で授業を提供されるケースが多い結果が出ている。

学生クラブは、学問的関心の主要な原動力でもある。 調べによると、50の大学のうち41校が暗号通貨またはブロックチェーンに関連する学生運営グループを持っているという。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    バイナンス、英国と欧州からの資金流入をターゲットに

    取引量が益々拡大する世界最大級の仮想通貨取引所、バイナンス(Binan…

  2. ビットコイン(BTC)

    モスクワで初の仮想通貨取引所が開設

    ロシア当局がビットコインの使用に罰則を与える案を撤回した数日後、はじめ…

  3. アルトコイン

    草コインを買い、仕事を掛け持ちしながら車で生活する男性

    仮想通貨の未来を確信し、アパートを引き払い、車で生活しながら余った小銭…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマン・サックスCFO「仮想通貨取引デスク開設計画中断はフェイクニュース」

    5日夜から続く仮想通貨市場暴落の要因のひとつではないかと見られている、…

  5. 仮想通貨全般/経済

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否

    インドで、ある小さな家の主人(Shivcharan Singh Mar…

  6. 仮想通貨全般/経済

    バイナンスで豪ドルの取扱い開始、山火事へのバイナンス・チャリティ基金を発足

    世界で最も人気のある仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)に…

過去記事

新着記事

PAGE TOP