仮想通貨全般/経済

韓国大手コンビニチェーン13000店舗で仮想通貨決済の受入れ

韓国で最大のコンビニエンスストアチェーンである「CU」は、13,000を超える店舗で、まもなく仮想通貨決済を導入する。

現地メディアとTerraの共同設立者ドゥ・クォン(Do Kwon)氏の発表によるとCUは「Chai」と呼ばれる支払いシステムを使い、消費者が「Terra(テラ)」と呼ばれる韓国ウォンに裏付けされたステーブルコインを利用して決済できるようにする。

ステーブルコイン「Terra」は、Binance、OKEx、Huobi、Polychain、Dunamu(UPbitを運営するKakaoが投資した会社)、Arrington XRP Capitalなどが投資した主要なKRWステーブルコインである。

CUの親会社であるBGF RetailとChaiは今週、戦略的パートナーシップを締結した。これにより、消費者はChaiモバイルアプリのバーコードを使用して仮想通貨を使用して商品を購入できる。

ChaiとCUはモバイルアプリを介して仮想通貨決済を受け入れるパートナーシップを締結

小売店の採用は重要

2018年初頭以来、小売業者による仮想通貨決済の採用は一般的ではなく、ユーザーと投資家の期待に応えるのに苦労してきた。

恐らく規制が明確にされておらず、仮想通貨市場の高いボラティリティのために、期待されている小売取引の多くは過去12~16か月で落ち込んでいる。

CUなどのオフラインロケーションでの仮想通貨の使用は、クレジットカードなどの既存の支払いシステムに比べると、支払いのごく一部を占めるにすぎない可能性がある。しかし、着実な採用の増加により、資産クラスとしての仮想通貨のイメージがさらに固まる可能性を帯びている。

出典:https://www.ccn.com/korea-convenience-store-chain-13000-accept-crypto/
At 13,000 Locations, Korea’s Largest Convenience Store Chain Will Accept Crypto

関連記事

  1. ブロックチェーン

    中国は仮想通貨のローンチが迫り、皮肉にもブロックチェーンへの批判を禁止

    独裁主義的な中国は、ブロックチェーン技術に対する批判を皮肉にも禁止する…

  2. ビットコイン(BTC)

    「仮想通貨市場は来年跳ねる」マイケル・ノヴォグラッツ氏

    ギャラクシー・デジタルのCEOであり、ゴールドマン・サックス出身で、ウ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨取引所バイナンス、ウガンダにオープン1週間で4万ユーザー獲得

    世界的な市場の低迷にもかかわらず、4人のうち3人近くがアンバンクド(銀…

  4. 仮想通貨全般/経済

    楽観ムードで仮想通貨市場の取引ボリュームが急増

    とりわけこの直近3日間で、主要な仮想通貨の取引量と市場規模は著しく増加…

  5. ビットコイン(BTC)

    海外ファンドもビットコインに投資

    今月に入り順調に価格を上げてきているビットコイン。今現在日本円にして6…

  6. 仮想通貨全般/経済

    フランス、仮想通貨税率45%から19%へ引き下げ

    フランスの税務局は、ビットコインなどの仮想通貨での利益に対する税率を大…

過去記事

新着記事

PAGE TOP