仮想通貨全般/経済

韓国大手コンビニチェーン13000店舗で仮想通貨決済の受入れ

韓国で最大のコンビニエンスストアチェーンである「CU」は、13,000を超える店舗で、まもなく仮想通貨決済を導入する。

現地メディアとTerraの共同設立者ドゥ・クォン(Do Kwon)氏の発表によるとCUは「Chai」と呼ばれる支払いシステムを使い、消費者が「Terra(テラ)」と呼ばれる韓国ウォンに裏付けされたステーブルコインを利用して決済できるようにする。

ステーブルコイン「Terra」は、Binance、OKEx、Huobi、Polychain、Dunamu(UPbitを運営するKakaoが投資した会社)、Arrington XRP Capitalなどが投資した主要なKRWステーブルコインである。

CUの親会社であるBGF RetailとChaiは今週、戦略的パートナーシップを締結した。これにより、消費者はChaiモバイルアプリのバーコードを使用して仮想通貨を使用して商品を購入できる。

ChaiとCUはモバイルアプリを介して仮想通貨決済を受け入れるパートナーシップを締結

小売店の採用は重要

2018年初頭以来、小売業者による仮想通貨決済の採用は一般的ではなく、ユーザーと投資家の期待に応えるのに苦労してきた。

恐らく規制が明確にされておらず、仮想通貨市場の高いボラティリティのために、期待されている小売取引の多くは過去12~16か月で落ち込んでいる。

CUなどのオフラインロケーションでの仮想通貨の使用は、クレジットカードなどの既存の支払いシステムに比べると、支払いのごく一部を占めるにすぎない可能性がある。しかし、着実な採用の増加により、資産クラスとしての仮想通貨のイメージがさらに固まる可能性を帯びている。

出典:https://www.ccn.com/korea-convenience-store-chain-13000-accept-crypto/
At 13,000 Locations, Korea’s Largest Convenience Store Chain Will Accept Crypto

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ビットコイン4,000ドルに回帰、2週間ぶりの高値に

    時価総額において世界最大の仮想通貨であるビットコインの価格は、日曜日に…

  2. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨から電子マネーチャージが可能に。「ナナコ」、「楽天Edy」、「au WALLET」が対象

    国内仮想通貨取引所ディーカレットは21日、仮想通貨で電子マネーをチャー…

  3. 仮想通貨全般/経済

    女性もビットコインなど仮想通貨に関する教育を受ければ投資したい

    役立つ身近な教材がもっとあれば、ビットコインに投資する女性は増えるだろ…

  4. 仮想通貨全般/経済

    モスクワ証券取引所が仮想通貨の取引を計画中

    モスクワ証券取引所は仮想通貨の取引をまもなく開始する見通しだということ…

  5. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインは世界の単一通貨となる」

    ツイッターと決済サービス会社を運営する会社、スクエアのCEOである、ジ…

  6. 仮想通貨全般/経済

    中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ

    中国の中央銀行である中国人民銀行が2014年に結成した研究グループが、…

過去記事

新着記事

PAGE TOP