アルトコイン

リップルのXRPはイベント”SWELL”宣伝で6%上昇、ビットコインを凌ぐ

投資家や投機家などが今後のリップルのイベントの影響により、XRPを強気と予想したため、14日のXRP価格は、ビットコインと他のライバルの仮想通貨に比べより良いパフォーマンスを見せた。

時価総額で3番目に大きいXRPは、日中最高値0.2936ドルに達した。上り坂の動きは、始値から計算して、1日で5.73パーセント上昇した。同時に、XRPにビットコイン市場から大量の資本が流入、ビットコインに対して5.13%も上昇した。 XRPからBTCへの為替レートは、以前は3,523satsで確立していたが、第3四半期の最安値では、XRPからBTCペアは2,967satsで取引されている。

XRPのSWELLによる上昇

スマートフォン向けの仮想通貨ウォレットを提供する「BRD」がリップル社の投資部門である「Xpring」との提携を発表した。XpringはBRDに対して、75万ドルの投資を行う。

XRPの上昇は、このモバイルウォレットプロバイダーへの投資のニュースに追随したようだ。

RippleとBRDの提携は、XRPの強気筋が新しいロングポジションを開くための理由付けとなったが、著名な市場アナリストである「@GalaxyBTC」は、上昇は「SWELL」と関係があると考えている。彼はリップルのSWELLのイベントが行なわれる前にXRPの価格は毎回急上昇することを指摘した。

例えば、リップルは2017年に115%、2019年に220%急増しました。これは、スウェルイベントの2週間前です。

XRPは、11月8日と9日にシンガポールで開催される予定のリップルのカンファレンスの直前に再び上昇している。リップルは、10月に既に14.29%急増している。それに比べて、今月のビットコインの増加はわずか0.5パーセントだ。

@GalaxyBTCはリップルのイベントに関係したこの価格行動に着目した。XRPはイベント前には驚くような上昇を遂げたが、その後、劇的な下落も見せている。この動きは、過去2年間のSWELLカンファレンスが投機家にとって儲ける機会になったことを指摘した。

XRPにもう一度、今年最高のトレード機会が来ている。
SWELLの2週間前にロング(買い)、そしてイベントが終わればショート(売り)。

イベント前の価格上昇 (USD)
+115% (2017年)
+220% (2018年)

イベント後の価格下落 (USD)
-43% (2017)
-51% (2018)

今年はどうなるかな

今までは下落率はイベント前の上昇に比べると最小限に抑えられていたが果たして今年のXRPは上昇気流に乗ったままを持続するのか、例年通り下落するか注目である。

出典:https://www.ccn.com/ripples-xrp-6-percent-bitcoin-swell/
Ripple’s XRP Outruns Bitcoin to Spike 6% Amid ‘Swell Event’ Hype

関連記事

  1. アルトコイン

    リップルCEO「SWIFTとの提携はない。引き継ごうとしているのだ」

    リップルCEOのBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリン…

  2. アルトコイン

    宝飾店にビットコインキャッシュ受入れの巨大広告

    日本に複数の店舗を持つ有名宝飾店「ゆきざき」に、ビットコインキャッシュ…

  3. アルトコイン

    著名アナリストのピーターブラント、リップルがついに底を打った可能性を指摘

    リップルのXRPはほぼ2年間下落傾向にある。この3番目に大きい…

  4. アルトコイン

    イーサリアム・クラシックが無事にブロックチェーン・フォーク成功

    イーサリアム・クラシックは無事に「ディフィカリティ・ボム」が除去されネ…

  5. アルトコイン

    テックビューロ「COMSA」発表 NEMが高騰

    2017年はICO元年と言われているほど、最近では様々なICOが発表さ…

  6. アルトコイン

    イーサリアムの価格テクニカル指標

    先ほどお伝えした、2日前のメモリエラー問題を境に、イーサリアムの価格は…

過去記事

新着記事

PAGE TOP