激しく弱気のビットコイン先物市場が2020年の悲観的な価格を暗示している

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

ビットコイン先物トレーダーは、仮想通貨の長い冬に備えているのかもしれない。

Skew Analytics(スキュー・アナリティクス)のデータによると、ビットコイン先物市場では、2020年6月にビットコインが現在の価格よりも高く取引されている可能性は「40%未満」であると予測されている。

ビットコインの価格は、水曜日の午後半ばまでには700ドル跳ね上がり、7,600ドルを超えた。途中、7,400ドル前後の主要なレジスタンスにより下落した。トレーダーらは10月の終わりの急騰の10,000ドルから、11月のこの3,500ドルの急落を買い漁った。

ビットコイン先物市場は激しく弱気

Skewによると、現在のビットコインオプション市場の24時間での取引量からは、2020年6月までに2019年11月のレベルを上回る確立は10分の4未満、2020年6月までに再び10,000ドルを超えて取引される確立は5分の1を僅かに超える確立だとしている。

これは、特に2020年5月に供給が制限される半減期イベントが控えているにも関わらず、ビットコインの非常に弱気な見通しである。通常、歴史的な半減期のイベントは、流動性を引き締めることで価格を押し上げる。

4%の過去最高値へのチャンス

Skewのツイートには、明るい僅かではあるが明るい未来予測もある。

半減期後の新高値の確立=4%
トレーダー達は未だ希望を捨てていない!

SkewはBlack Scholesの方程式を使用して、上場されたビットコインオプションの価格から、市場で暗示される確率を計算している。Black Scholesは、分析者がオプションの価格からボラティリティの市場予想を計算できるようにする分析式で、1997年にマートン&ショールズがノーベル賞を受賞している。

ビットコインは2020年6月までにかつての最高価格である20,000ドルを上回るチャンスが4%ある、というデータを示した。
 
 
出典:https://www.ccn.com/intensely-bearish-btc-futures-market-gloomy-2020/
Intensely Bearish BTC Futures Market Predicts Gloomy 2020 for Bitcoin Price

タイトルとURLをコピーしました