ブロックチェーン

ソフトバンクがデジタル通貨ウォレットと法定通貨を同時に扱えるカードを発行、カード上で残高表示やボタン配置

デジタル通貨ウォレットと従来のクレジットカード両方の機能を兼ね備えたSBCカード(Softbank Card 3.0)が、ソフトバンクから11月27日に正式に発行された。

カードにはWi-Fi接続機能が完備されており、Wi-Fi環境ではホットウォレット、Wi-Fiがオフになるとコールドウォレットの役割を果たす。

Softbank Card 3.0のバージョンでは、Wi-Fi機能、法定通貨およびデジタル通貨を切り替えるボタン、情報表示画面が備わっている。

このカードには、世界で唯一の最先端技術のバッテリーが埋め込まれており、LEDスクリーンにカードの残高が表示される。バッテリーは薄く、3年間使用できる。

SBCウォレットカードアプリのユーザーインターフェイスはシンプルだ。左右に配置されたボタンでフィアット通貨とデジタル通貨をすばやく切り替えることができる。

Wallet Card。カード番号は電子ペーパー上に表示される。

SBCカードは主要な現地代理店から強力なサポートを受けており、日本で10,000店舗の支払いシステムが最近開設され、米国、東南アジア、韓国、ドバイで順次利用できるようになるとのこと。

SBCウォレットカードで、ソフトバンクチームはブロックチェーンの支払い分野で大きな変化を遂げている。

関連記事

  1. ブロックチェーン

    ロシアが独自の仮想通貨発行を発表「クリプトルーブル」

    ロシアのモスクワで開かれた非公開会議にて、ロシア通信省ニコライ・ニキフ…

  2. ブロックチェーン

    ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討

    ロシアと日本が、共同でクリル諸島にて仮想通貨推進プログラムを展開する可…

  3. ブロックチェーン

    リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?

    リップルの勢い再び。XRPは24時間で24.2%増、イーサリアムを上回…

  4. フィンテック

    韓国のサムスングループもフィンテック事業に乗り出した!?

    ブロックチェーンは、インターネット以来の大革命。韓国のサムスングループ…

  5. ビットコイン(BTC)

    アップルのiMessageで国際送金が可能に

    P2Pを利用した決済アプリ「Circle Pay」が、iOS 10から…

  6. アルトコイン

    投資家を甘く誘惑する3つの仮想通貨について見てみよう

    仮想通貨市場は大きく急成長しており、仮想通貨で億万長者になった人の話も…

過去記事

新着記事

PAGE TOP