カリフォルニアのゴーストタウンを復活させる仮想通貨マイニング

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

2人の投資家が買収した、カリフォルニアの150年前の人里離れたゴーストタウン、セロゴルドという町がある。彼らはなんと、放棄されたこの鉱山の町を仮想通貨とブロックチェーンの避難所に変えることを計画しているという。

150年前のマイニングタウンに新しいマイニング業をもたらす

2人の投資家が、2018年半ばにセロゴルドの町を140万ドルで購入した。 CNBCのレポートは、カリフォルニア州ロサンゼルスの北約200マイルに位置する22棟、150年前のゴーストタウンと報じている。

2人の起業家は、ジョン・バイアー氏、広報および通信代理店Jack Taylor PRのオーナー。そして、テキサス州オースティンにあるホステルHKオースティンの主人であり創設者であるブレント・アンダーウッド氏。ブレントは、クリエイティブアドバイザリーおよびマーケティング会社のブラスチェックのパートナーでもある。

起業家、ジョンとブレント

起業家の目標は、セロゴルドを古いマイニングタウン(鉱山の町)の雰囲気を保ちつつ、近代的な観光地に変えることだ。もちろん、観光客はビットコインや他の仮想通貨で支払いをすることができる。

ジョンとブレントはまた、深さ約1,100フィートの古い鉱山シャフトに仮想通貨マイニングセンターを設置することを計画している。さらに彼らは、革新的な節水技術を導入し、太陽光およびその他の再生可能なエネルギー源から必要なエネルギーを取得することを計画している。

ビットコインの価格変動と、コインの80%以上が既に採掘されているという事実にもかかわらず、2人は依然として仮想通貨マイニングを有利なビジネスだと考えているようだ。

マイニングファームの建設に力を入れるビットメイン

世界最大の仮想通貨マイニングプールの運営者であるBitmainは、昨年10月、テキサス州ロックデールのAlcoaのAluminium Company of Americaが所有する33,000エーカーの敷地で、50MWのマイニングファームを立ち上げている。

ビットメインの目的は、この農場を世界で最も重要なマイニング施設にすることである。

出典:https://bitcoinist.com/crypto-mining-to-revive-abandoned-town-in-california/
Crypto Mining To Revive Abandoned Town in California

タイトルとURLをコピーしました