仮想通貨全般/経済

三菱UFJ銀行:20年秋を目処に休眠口座には1200円徴収

三菱UFJ銀行は2年間取引がない不稼働口座に対し、2020年10月にも年1200円の口座管理手数料を導入する検討に入った。

銀行は近年長引く低金利に苦しんでおり、口座管理費の有料化することによって収益を得るチャンスとなる。これに他の金融機関も追随する可能性がある。

導入後に新規に口座を開設した人に限って手数料を取る。手数料を取り続けて残高がゼロになった場合は自動解約する方針。既存の契約者は不利益変更になるため手数料の徴収を見送るが、検討を続けるとのこと。

銀行は個人などから預金を集め、それを企業に預金金利よりも高い金利を付けて融資してきた。ところが、超低金利で預金と融資の金利の差が縮小し、口座管理のコストが無視できなくなってきた。

現在、口座管理にかかるコストは増加傾向だ。マネーロンダリング対策で金融当局から管理不足を指摘されており、口座開設者の身元の確認を厚くするためのシステムや人手にかかる経費がかさんでいる。

三菱UFJ銀は口座管理手数料のほかにも、店頭サービスの手数料の値上げも検討もしている。他行あての振り込みは3万円以上で880円が、来春にも1000円程度に上げる方向だ。さらに紙の通帳発行も有料化する方向だ。

仮想通貨の台等により、海外送金手数料のコスト高やそのサービスの利便性の比較が取り沙汰されるようになってきた。唯でさえ預金金利のメリットが極端に少ない昨今、さらに手数料の値上げをせざるを得ない銀行に勝機はあるのだろうか?

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマン・サックス、ビットコイン取引商品の案内を静かに始める

    米大手投資銀行のゴールドマン・サックスは、限られた顧客に対してまだ発売…

  2. ブロックチェーン

    ICO規制で中国ブロックチェーンカンファレンスが中止に

    中国のメディア(Caixin)によると中国人民銀行(PBoC)は、多く…

  3. 仮想通貨全般/経済

    BitMEXがオフラインのタイミングでビットコイン価格が急上昇

    横ばいが続いていたこの2日間のビットコイン価格ですが、本日22日の朝に…

  4. 仮想通貨全般/経済

    リブラの来年中のサービス開始目指す、NHKが報道

    NHK「ニュース・ウォッチ9」の番組内で、フェイスブックの独自通貨リブ…

過去記事

新着記事

PAGE TOP