コインチェックの「レバレッジ取引」サービスが終了

経済/社会
この記事は約1分で読めます。

国内の主要取引所であるコインチェック(Coincheck)(東京・渋谷)は16日、「レバレッジ取引」のサービス提供を2020年3月13日(金)12:00をもって終了することを発表した。

現在はレバレッジ取引の新規注文は停止、取引履歴については引き続き閲覧可能としている。

同社は現在ポジションを持っているユーザーは、期日までに全てのポジションを決済して、レバレッジアカウントの日本円残高を取引アカウントへ振替えるようにと説明している

取引アカウントへ残高振替期限までに手続きが無い場合、期日以降に順次取引アカウントに強制的に振替られるため、レバレッジ取引を行なっていた人は注意が必要だ。

タイトルとURLをコピーしました