コーヒーショップチェーンのTomNTomsが仮想通貨を発行する

未分類
この記事は約2分で読めます。

韓国の大型コーヒーショップチェーン、トムアンドトムズコーヒー(Tom N Toms)は、仮想通貨(暗号通貨)を発行する予定だ。

News1や朝鮮日報などの複数のメディアの報道によると、世界の約10カ国に400以上の支店を持ち、韓国のほとんどの主要都市に店舗を構えるこのコーヒーチェーンは、2021年の前半にトムトムコイン(TomTomCoin)という名前のトークンをデビューさせる。

トークンはMyTomスマートフォンアプリを利用し、同社はコインが国内および海外の販売店で受け入れられると述べました。

同社は、トークンが「将来の会社のプラットフォーム」の「支払い方法」として使用され、顧客報酬プログラムに「利便性、多様性、透明性を提供する」と述べている。

また、開発は政府が推進する非接触型の支払い方法に沿って行われていると付け加えた。これは、コロナウイルスのパンデミックと戦うための緩和策としてのソウルの優先事項だ。

ただし、Tom N Tomsは、トークンをどこでローンチするかを明らかにしなかった。韓国では、あらゆる形態のイニシャルコインオファリング(ICO)が違法となっているが、韓国の大手企業の多くが海外子会社を通じてトークンの発行に成功している。例としては、アフィリエイトを介してスイスでトークンを発売した現代や、シンガポールでクレイトークンを発売したチャットアプリ運営のカカオなどがある。

Tom N Tomsは、米国、中国本土、香港、モンゴル、フィリピンなど、世界中のさまざまな場所で事業を展開している。この要因により、韓国のICO規制に違反することなく、仮想通貨を立ち上げることができるかなりの範囲の拠点が会社に与えられるだろう。

タイトルとURLをコピーしました