サムスンに対抗、iPhone12に仮想通貨関連の機能は搭載されるか?

経済/社会
この記事は約3分で読めます。

Appleの新しいiPhoneは、今年9月にiPhone 12 Proの発表が期待されており、複数の新機能を皆が心待ちにしている。Appleが仮想通貨関連の機能を持つ携帯分野に参入して、主要なライバルであるサムスンに対抗する年になるのだろうか?

早い段階で、Appleはスマートフォンでのマイニングを推奨していなかった。そのためApple Storeは仮想通貨関連のアプリの配布を停止する可能性もある。

しかし、Appleデベロッパー・パックには、Appleが秘密鍵と公開鍵を徐々に受け入れても良い考えを示唆する1つの機能が備わっている。

Appleは秘密鍵ハードウェアストレージを備えている

Apple Crypto Kitは、基本的なキー操作を提供する組み込み機能だ。このアプローチはブロックチェーンや仮想通貨だけでなく、自己署名と暗号化セキュリティの実現の可能性を示唆するツールである。現在、この機能が暗号化機能を備えたアプリに新たな関心を寄せているかどうかは不明である。

これまでのところ、サムスンとHTCは、新しいモバイルにウォレット機能と組み込みの秘密鍵ストレージを追加することにより、暗号化分野での存在感を高めてきた。

サムスンギャラクシーS10は、韓国のハイテク大手による仮想通貨統合への最初の進出であり、新進のコミュニティで大ヒットした。

AppleのiPhoneには、秘密鍵を他のデータ交換で公開することなく保存するための別のコンポーネントであるSecure Enclaveという名前の同様の機能がある。この機能は、実際にはiPhoneを安全なハードウェアウォレットにするためのものだ。

4つの改良が含まれていると噂されているiPhoneシリーズ12は、その変更されたデザインで多くの人をを驚かせてくれるかもしれない、もしかするとカメラの再変更も無くはない。しかしそれにとどまらず、最大のハイテク感覚のひとつとして仮想通貨のパワーツールをiPhone12で所持する興奮は想像しただけで面白そうだ。
 

出典:https://bitcoinist.com/apple-v-samsung-crypto-features-coming-to-iphone-12-range/
Apple v Samsung – Crypto Features Coming to Iphone 12 Range?

タイトルとURLをコピーしました