コロナウイルスは武漢のウイルス学研究所で作られた生物兵器なのか!?

コロナウィルス
この記事は約3分で読めます。
憶測の域を出ないものの、中国の武漢から世界へ広まりつつあるコロナウイルスは、武漢のウイルス学研究所で開発された生物兵器である可能性があると指摘する報道があった。 この報道は、武漢コロナウイルスが中国の湖北省の研究施設から偶然または意図的に放出された生物兵器であることを示唆している。事実かどうか未確認であるものの、新しい病気がより致命的で毒性のある形に変化し続けるに連れ、ネット上ではパニックが広がっている。 [caption id="attachment_7873" align="alignnone" width="1024"] コロナウイルスの感染状況がリアルタイムで更新されるサイト[/caption]

現代のパンデミック

2020年1月28日現在で、4,400人を超える人々が新たな未知の病気を発症している。これまでに100人以上が死亡し、最悪のシナリオでは最大100,000人が感染する可能性があるとみられている。ソーシャルメディアでは、混雑した病院や通りで倒れこんでいる人々を映す映像が流れている。 この脅威に対応策として、中国政府は歴史上最も強い封鎖活動を開始した。13の都市が検疫下に置かれ、3,500万人が影響を受けている。これはまるでSF映画のようだが、これが現在の武漢で起きているコロナウイルス問題の現実だ。

コロナウイルスは生物兵器か?

武漢コロナウイルスは、湖北省武漢にあるウェットマーケット(生鮮品を販売する市場)で発生したと考えられている。科学者は、症例数が最も多いことからも、この都市が発症の震源地であると確信している。 正確にアウトブレイクが始まった経路については、いくつかの説がある。 武漢には、いくつかの主要な中国の生物学研究室がある。特に、この都市は、中国で最も進んだ生物学研究所である武漢ウイルス学研究所として知られている。 ワシントン・タイムズは、この場所が中国生物兵器プログラムと秘密裏につながっているのでは、と示唆している。 これに異議を唱えたのは、元イスラエル軍の頭脳諜報部員であるとするダニー・ショーハム(Danny Shoham)氏だ。 ショーハム氏は、武漢ウイルス学研究所が中国の軍事戦争プログラムを支援していると考えている。彼は次のように述べている。
いくらかの研究所は、おそらく研究と開発の観点から、少なくとも付随的には中国(生物兵器)に関与しているが、中国の生物兵器を扱う主要な施設としてではない。
基本的に、外へのウイルスの侵入は、漏れまたは関係施設から出て行った人の気付かない室内感染として起こります。この武漢ウイルス学研究所の場合もそうであったのかもしれない。しかし、これまでのところ、そのような事件の証拠や兆候はないのです。

中国はその出処に関係なくコロナウイルスを止めなければならない

コロナウイルスは、世界が警戒し、現在も加速する公衆衛生問題である。中国政府は致命的な病気の蔓延を遅らせるために力を尽くしているように見えるものの、多くは依然としてその信頼性に疑問を抱き、現在の状況を真っ向から受け入れているとは言い難いかもしれない。 コロナウイルスは武漢の魚市場から出現ししたのか?それとも、生物兵器研究所から漏れだしたのか?現時点ではそれはまだ分かっていない。
タイトルとURLをコピーしました