ビットコイン急落するも弱気ではないように見える

ビットコイン(BTC)
この記事は約4分で読めます。

本日、ビットコイン(BTC)の急落があり、価格は10,000ドル未満のゾーンから9,200ドルの安値へと転落したが、その後はサポートラインを見つけることができた。

突発な急落ではあったものの、見かけほど弱気ではないかもしれないことに注意したい。安値からの跳ね返りは、中期的な上昇トレンドが間もなく続くことを示唆しているようだ。

アナリストは現在、このフラッシュクラッシュからの仮想通貨の回復が、すぐに上昇を続けることを示唆しているようだと指摘している。

トップトレーダーの1人は、2020年の最高値である約10,500ドルに戻る動きを狙っている。

ビットコインは急落したが、テクニカル面では依然として強気

執筆時点で、ビットコインは現在の価格である9,600ドルで取引されている。これは、過去数日間でBTCが取引されていた10,200ドルの高値からの顕著な下落を示している。

今日の下落は明白に弱気であるものの、BTCは月曜日に9,400ドルに急落した時点で取引されていたエリアをはるかに上回っており、買い手が9,000ドル未満のエリアを守ろうとするファンダメンタルの強さを示していることに留意する必要があるだろう。

ツイッターの著名な仮想通貨アナリストである「HornHairs」は、最近のツイートでこの売りについて語り、最近の毎日の終値が9,485ドルを超えていることは、ビットコインが強気派の拡大を見ることを示唆していると説明した。

“BTC Macro Update: Nasty shakeout so far. Midrange pushing back. Want to see price close today above $9485 to maintain range low and bullish structure. Would still look good for further upside in that event. 2 hours to go,” he explained, pointing to the range seen below.

BTCマクロの更新:今のところ酷いふるい落としだね。中点値が戻った。強気を維持するために、今日の価格が9485ドルを超えることを期待したい。反転がまだ期待できる形だと思うよ。あと2時間。

下記のレンジを指して、彼はこのように説明した。

BTCは2020年の最高値更新までまだ時間がかかる

HornHairsはまた、下落後に投稿した別のツイートでさらに強気を表明し、ビットコインが2020年の最高値10,500ドルへの短期的な動きをターゲットにしていることを説明した。

BTCをロング:これ以上中期見通しの無効は見られない。2時間足がすくわれたところでIN(買った)した。10500ドルをターゲットにする。今か二度と無いかだ。

出典:https://www.newsbtc.com/2020/02/20/heres-why-the-aftermath-of-bitcoins-insane-plunge-isnt-as-bearish-as-it-seems/
Here’s Why the Aftermath of Bitcoin’s Insane Plunge Isn’t as Bearish as it Seems

タイトルとURLをコピーしました