売り圧力が待ち受ける8200ドルへ向かっているビットコイン

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

ビットコインは現在、対米ドルでこの月最安値の7,638ドルから上を目指し価格調整中だ。ベアが登場する可能性が高い8,200ドルのレジスタンスエリアに向かってより上昇する可能性がある。

ビットコイン短期を見据え回復

過去数回の取引セッションにおいて対米ドル価格で8200ドルのレベルからビットコインは急激に減少した。BTCの価格は8,000ドルのサポートレベルを突破し100時間ごとの単純移動平均線を大きく下回った。

7,638ドル近くで新しく月間の最安値が形成され、価格は現在はより高く修正されて、7,800ドルと7,850ドルのレジスタンスレベルを超えた。さらに重要なことは、BTC/USDペアの1時間毎のチャートでレジスタンスラインが7,800ドル近くになり、チャネルの下落が上抜けしたことである。

現在、8,755ドルの高値から7,638ドルの安値への最近の下落の23.6%Fibリトレースメントレベルをわずかに上回っている。ビットコインは丸みを帯びた底パターンを形成しているようで、短期的な回復を引き起こす可能性があるだろう。

レジスタンスは7,980ドルおよび8,000ドル付近にある。もし8,000ドルのレジスタンスを上回るブレイクが成功すると、ベアが待機しているメインの8,200ドルのレジスタンスレベルに価格が上昇する可能性がある。

8,755ドルの最高値から7,638ドルの最安値への最近の下落の50%Fibリトレースメントレベルは、ベアにとって大きなハードルとして機能する8,200ドルのエリアの近くにある。したがって、8,500および8,650レベルに向けて新たに値上げを開始するには、価格が8,200ドルを超えて安定する必要がある

更なる損失の可能性

プラス面として、ビットコインは2つの重要なレジスタンス、8,000ドルと8,200ドルにに直面している。それらのいずれかをクリアできない場合には、7,800ドルのレベルを下回り、損失が増えるリスクがある。

最初のサポートは7,640ドルの付近に、それを下回るとベアはメインのサポートエリア7,500ドルのテストを目指すだろう。

テクニカル指標

1時間毎MACD – MACDは強気ゾーンでゆっくりと動いている。

1時間毎RSI(相対強度指数)– BTC/USDのRSIは50レベルを超える可能性がる。

主要なサポートレベル:7,800ドルに続いて7,640ドル。

主要な抵抗レベル:8,000ドル、8,200ドル、8,500ドル。

出典:https://www.newsbtc.com/2020/03/10/bitcoin-to-8200-where-bears-are-waiting/
This Pattern Could Send Bitcoin To $8,200 Where Bears Are Waiting

タイトルとURLをコピーしました