「ビットコイン半減期のあともすぐにはブルランが起こらないかもしれない」ビットメイン創設者ジハン・ウー氏

ビットコイン(BTC)
Wu Jihan, co-founder of Bitmain Technologies Ltd., poses for a photograph in Hong Kong, China, on Friday, May 18, 2018. The Coingeek Conference runs through today. Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg via Getty Images
この記事は約3分で読めます。

ビットメイン(Bitmain)の共同創設者であるジハン・ウー(Jihan Wu)氏は最近のインタビューで、ビットコイン、マイニング、ビットコインの半減期、および仮想通貨経済の将来に関する彼の予測のいくつかについて答えている。

コロナウイルスの発生とその世界経済への影響にもかかわらず、ウー氏は楽観的であり、世界に影響を及ぼしている現代の中央銀行の緩やかな金融政策が金融技術の価値を強化すると考えている。

緩やかな成長とビットコイン価格の天井

世界最大のASICマイニングリグメーカーの1つであるビットメインの共同設立者であるウー氏は、現在の経済嵐の中で暗号通貨が大きな期待を示すと信じている。

27日に発表された最近のインタビューによると、ビットメインのウー氏はビットコインのようなデジタル通貨の将来について前向きであると述べて、最近の救済策と中央計画立案者の景気刺激策により、デジタル通貨の価値が高まる可能性があると説明した。

インタビューの中で、ウー氏はビットコインの価格にも天井があり、成長が鈍くなることもあると指摘した。

「ビットコインの半減期を迎えた直後に強気の動きは起こらないかもしれない。」とウー氏は言う。

ビットコインの時価総額が増加するにつれて、そのボラティリティは減少し、より安定する…つまり、価格が急上昇しない場合もある。ビットコインがいくら高くても、いつの日かそれは頂点に達するでしょう。その前に、価格は今後数年間で若干のねじれを伴いながら、フラットな成長を見られるでしょう。

「今回のブルは半減期直後ではないかもしれませんね。時間のズレが発生する可能性があります。」とウー氏は付け加えた。

次世代マイナー、セーフヘイヴンステータス、ビットコインキャッシュ、イーサリアム

その後、ビットコインは「不安定な世界のセーフヘイヴン(安全な避難所)」として機能することはできないとウー氏は詳述した。

「しかし、ビットコインと金融市場はサーフボードと波の関係に少し似ていると私は思う。どのくらい上手にサーフィンできるかは、あなたのスキル次第です」とウー氏は語った。

さらに、ビットメインが最近明らかにした次世代マイニングの最新のラウンドについて話しをした。 ビットメインは2月27日に最大速度は1ユニットあたり最大110TH/sの2台のマイニングを明らかにした。マイニングメーカーの共同設立者は、これらの次世代マイナーが少なくとも~4年間市場に貢献するとしている。

ウー氏はまた、ビットコインキャッシュ(BCH)は有望なプロジェクトであり、「過度に野心的な目標は保留する必要がある」との見方を示している。 「テクニカルアーキテクチャをシンプルに保ち、コミュニティを統一します」と彼は付け加えた。

イーサリアム(ETH)に関しては、コインの見通しについても前向きであったが、開発者はPoW(proof-of-work )を削除することにそれほど関心を注がず、技術の進歩にもっと注力する必要があると述べた。

出典:https://news.bitcoin.com/bull-may-not-come-bitcoin-halving-bitmains-jihan-wu/
‘Bull Run May Not Come Immediately After Bitcoin Halving,’ Says Bitmain’s Jihan Wu

タイトルとURLをコピーしました