シェール産業が崩壊の危機、原油価格は上昇

経済/社会
この記事は約3分で読めます。

米国のシェールオイル産業は崩壊の危機に瀕していると、最近の調査で警告を発している。経済平和研究所は、世界的なパンデミックが原油価格を歴史的に低い水準に維持し、米国のシェールオイル企業を破産させる可能性があると述べている。

この警告は、ロシアとサウジアラビアの原油価格戦争の中で4月に石油先物がマイナスの領域に入った後に報じられた。

現在も米国のシェールオイル産業の崩壊は最悪のケースだ。4月の価格下落にもかかわらず、7月のWTI先物契約は115%上昇した。

米国シェールオイル産業の崩壊

ブリーフィングシリーズの最新レポートを書いているシドニーに本社を置く、経済と平和研究所は、米国のシェールオイル産業について大体が悪いニュースばかりを持っている。

現在の原油価格の危機の原因を調べて、レポートの著者は需要の大幅な減少を強調した:

4月20日、原油価格は史上初めてマイナスに転じました。需要は急速に崩壊し、生産者は過剰な在庫を取り除くため、買い手に引き取り料を支払う意思を示しました。

レポートは、WTIが4月の終わりに1バレルあたり17ドルで取引されており、2019年のバレルあたりの平均60ドルをはるかに下回っていることを指摘している。

これを踏まえると、米国のシェールオイル産業は危機に瀕しているよう見える。経済平和研究所は、崩壊と破産について警告する最初の組織ではない。 4月、リスタッドエナジーのシェール研究責任者であるアルテム・アブラモフ氏は、同様の警告を発した。

30ドルはすでにかなり悪いですが、20または10ドルに達すると、それは完全な悪夢です。10ドルで、借金を抱えるほとんどすべての米国のE&P企業は、第11章(破産申請)を提出するか、戦略的な機会を検討する必要があります。

原油価格の回復

同様に、フィッチ・レーティングス(Fitch)は5月に破産のリスクが最も高い米国の石油会社25社を特定した。一方、匿名の投資家は、多くのシェールオイル企業がブームの年の間に現金を燃やしたことで、現在彼ら自身をより脆弱にしていると警告した。

米国のシェールにとって状況は悲惨なように見えますが、危機的状況にはほど遠いものです。石油価格は4月下旬以来着実に上昇しています。同時に、米国のシェールオイル企業は最近、井戸を元に戻している。

米国のシェールにとって状況は悲惨なように見えるものの、危機的状況にはほど遠いものだ。石油価格は4月下旬以来着実に上昇している。同時に、米国のシェールオイル企業は最近、井戸を元に戻している。

4月の終わりに、7月のWTI先物決済は17.60ドルの安値に達した。それ以来、週の初めに40ドルの高値を記録した後、38ドル前後に回復した。116%の上昇だ。同様に、原油価格は過去1か月で約46%、過去1週間で3%上昇している。

Report Says U.S. Shale Industry May Collapse, But Oil Price Is Rising
The U.S. shale oil industry is at risk of collapsing, warns a new report. But recent rises in the oil price make this a worst-case scenario.
タイトルとURLをコピーしました