NYダウ、3月の暴落が再び?

経済/社会
この記事は約3分で読めます。

11日、米国の主要な株式市場ダウ、S&P500、ナスダックすべてに深刻な下げ圧力がかかった。ダウは史上4番目の下げ幅を記録した。

この2か月超の間に、困難な相場を牽引した材料はなんだったのだろうか。

最初に経済データが出てきた。そこでは、失業保険請求の最初の数字が失業状況の悪化を示し続けていた。

アナリストは、経済が再開している今、これらの新しい申請は「より粘り強い」と語り、ウォール街の多くは、7月31日の失業給付の延長に目を向けている。

住宅市場への実質的な影響に加えて、この労働力の弱さは確かに消費者の信頼を傷つける。多くの個人投資家が刺激的な資金をロビンフッドのようなプラットフォーム上で株に積ぎ込んでいるとされているので、株に直接的な影響があるかもしれない。

ドナルド・トランプ大統領がツイッターを利用してボロボロのダウを駆り立てようとしたため、今日の投げ売りはほぼ間違いなくホワイトハウスの行動を刺激するだろう。

連邦準備制度はよく間違いを犯す。私もよく数字を扱いますが、彼らよりずっと上手くやります。私たちは非常に良い第3四半期、素晴らしい第4四半期、そして2021年に史上最高の年を持っています。また、ワクチン&治療/治療法もまもなく提供します。それが私の意見です。見ていて!

投資家はこの下落で株を買うだろうか?

ナッシュビルを拠点とする投資調査会社であるNew ConstructsのCEO、デビッド・トレイナー氏によれば、絶対に考慮すべきだという。

押し目を拾う時が来ました。今が割引で株を買うチャンスです。過去数週間に、多くの投資家が株式の崩壊を見逃しました。私の意見では市場はかなり価値があるので、大きな調整はバリュー投資家に機会を生み出します。

トレーナー氏は、コロナウイルスの「第2波」はすでに市場に折り込み済みだと述べているが、多くの米国の州で入院が劇的に増加しているという事実を無視するのは難しいことだ。

最初のロックダウン解除ですでに手に負えなくなっている状態で、全国の都市で大規模なデモ行動によってもたらされる可能性のある修羅場は、株式市場に多くのダウンサイドリスクをもたらす可能性があることを示唆している。

ダウ30:ウォルマート堅調、ボーイングが再び崩壊

ダウジョーンズで堅実なウォルマートのような生活実需品銘柄は、今日のインデックスで最高のパフォーマンスの1つだった。

スティーブ・ムニューシン氏は、経済を再び封鎖することは不可能であると述べていたが、状況が悪化した場合、消費者の行動は自然に引き締まる。

これは、ボーイングの大幅な下落(-15%)の大きな要因となった。ウイルスへの懸念が空の旅の見通しを必然的に暗くしたため、3日連続で下落した。

アップルはDow 30に安定性を提供し続けているが、1兆5000億ドルのハイテク企業でさえ、今日の上昇に参加できなかった。ナスダックは10,000未満に引きずり込まれ、3.7%下落した。

The Dow Just Suffered a Nauseating Flashback to March's Nasty Crash
The Dow Jones suffered some nauseating deja vu on Thursday as the stock market endured its worst day since the March crash.
タイトルとURLをコピーしました