ビットコイン投資家の90%が自分の死後、資産の行く末を案じている

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

暗号通貨の投資家の約90%は、死亡後に自分の資産がどうなるかを心配しているものの、適切に計画している投資家はほとんどいないと見られている。若い投資家は特にそうだろう。

葬儀のエキスパート「Cremation Institute」が行ったアンケート調査によると、ビットコイン(BTC)の投資家の約4分の1のみが、自分がこの世を去った後の分配方法について文書化されたものを準備している。

調査によると、若い世代(18歳から40歳までの世代)は、計画を立てていない可能性が高齢の世代と比較して10倍高い。 

また、ミレニアル世代の65%とZ世代(1990年代後半から2000年生まれの世代)の41%は、彼らの仮想通貨の富が彼らの死後に、残された者にどのように伝えられるかについてある種の計画を持っていることが明らかになった。

これは、暗号資産が適切に継承されることを保証する計画があると述べた、X世代の86%(41~55歳)とベビーブーム世代(94~76歳)の94%と比べると、若い世代が相続について準備をしていない傾向にあるのが分かる。

自己満足が大きな要因である一方で、暗号通貨資産サービスの欠如と政府の規制が組み合わさった問題が、全体的に計画に混乱が生じている重大な理由です。

研究所は7日、このように発表している。

世界中には既に、ビットコイン投資家が自分の秘密鍵を親類に残さずにこの世を去った幾つかの例がある。

そのような場合、家族はある種の「二重の葬式」に退所しなければならない。なぜなら、彼らは自分たちの資産になるかもしれなかったものが、回復不可能で喪失する運命であることを受け入れる一方で、愛する人たちの喪失をも受け入れる必要がある。

これは、ビットコインの主要な魅力、つまりは規制当局の排除と侵入不可能なプライバシーが、逆に致命的な弱点にもなり得ることを示している。ユーザーは高い銀行手数料や税金からの免除を享受するかもしれないが、財産管理の手助けなどの従来のシステムの良い面は見逃している。

Coincoverによると、約400万ビットコイン(約370億ドル)が持ち主の死により永久に失われたと推定されている。最も広く公表されている例の1つで、偏執的な米国の投資家マシュー・メロン氏は2018年に亡くなり、当時5億ドル以上と報じられていた暗号資産の手がかりはほとんど残っていない。

この調査では、研究所は2019年10月から2020年6月の間に合計1,150人を調査した。この調査は、亡くなった後の投資に何が起こるかについて計画を立てていた暗号投資家の背後にある指標を理解することを目的とし、しない人には相続方法を確立することを目的とした。

また、調査結果では男性よりも女性の方が何らかの暗号通貨の緊急時対応策を持っている可能性が大幅に高いことを示している。

About 90% of Bitcoin Investors Worried About Fate of Their Assets After Death: Study | Finance Bitcoin News
Nearly 90% of cryptocurrency investors worry about what will happen to their assets after they die, but few plan appropriately. Younger investors are Nearly 90%...
タイトルとURLをコピーしました