ビットコイン1万ドル近くまで急落の中、投資家はビットコインを買い足している

未分類
この記事は約4分で読めます。

8月中旬以降、ビットコインの大幅な下落にもかかわらず、仮想通貨(暗号通貨)市場における「落ちれば拾う」の考え方は依然として強気であるとブロックチェーンデータは示唆している。

Glassnode(グラスノード)のデータによれば、仮想通貨(暗号通貨)は過去3週間で 12,400ドルから10,000ドルまで下落したが、「累積アドレス」の数は2%増加して513,000アドレスとなった。

「供給を吸収するために毎日新しいバイヤーがたくさん流入している。」とシンガポールに本拠を置くスリー・アローズ・キャピタルの最高経営責任者(CEO)であるSu Zhu氏は述べている。

累積アドレス(保有を増えているアドレス)は今までに資産を使用してことがないアドレスがほとんどだという。

この指標は、マイナーや取引所に属するアドレス、失われて取り出せないコインを除外するために7年以上前にアクティブだったアドレスは除外してある。

下落する価格(グレーの線)とは反対に、保有するアドレス(オレンジの線)の増加を表している。(Glassnode調べ)

価格と累積アドレスの反比例は、投資家が最近の価格の下落を典型的な強気市場の反発と見なし、価格が再び上昇すると予想していることを示唆している。

幸福感のあと、現実的には市場はブルマーケットで3分の1またはそれ以上、頻繁に後戻りします。BTCの8800ドル、といETHの320ドルは健全なターゲットであり、トレーディングプランにはそのようなレベルになる可能性もゼロではないことを組み込んでおく必要があります。

Zhu氏は9月4日にこのようにツイートし、価格が8800ドルまで下がったとしても依然としてチャートは健全であることを示唆した。

ビットコイン日足チャート。黄色がビットコインのトレンドライン。ヘッドアンドショルダーを描き、トレンドラインを割っている。(TradingViewより)

3日のビットコインは10%以上下落し、ヘッドアンドショルダー(弱気の反転パターン)と6か月にわたる強気市場トレンドラインのブレイクダウン(下抜け)が見られた。

通常、このようなパターンは、より大きなチャート主導の売りを招き、価格の大幅な下落をもたらす。しかしこれまでのところ、ビットコインは10,000ドルのサポートを守るすることに成功している。これは、市場の潜在的な強気の兆候なのかもしれない。

ETHが320ドルが底だということは理にかなっていたし、そしてそうなった。BTCに関しては10,000ドルで示された強さに私はかなり驚いています。そしておそらくこの段階で100,000ドルの方が5,000ドルになるより可能性が高いことを意味します。

Investors Buying Bitcoin Amid Price Slump to Near K, Data Shows
Despite bitcoin shedding over ,000 in the last few weeks, the "buy the dip" mentality in the market still appears strong.
タイトルとURLをコピーしました