フィアット通貨切り下げによりアフリカの個人投資家によるビットコイン送金が1年で56%増加

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

米国の暗号分析会社であるチェイナリシス(Chainalysis)の新しい調査によると、アフリカ間と行われる毎月の1万ドル未満におけるビットコイン送金は、で1年前から56%以上急増し、今年6月には3億1,600万ドルに達した。

全体で、昨年、80億ドル相当のビットコインがアフリカ大陸に受け入れられ、81億ドルがオンチェーンで送信された。

さらにチェイナリシスの調べでは、6月までに毎月記録される小規模な取引の数は31%増加し、約70万件に到達。活動の多くは南アフリカとケニアに加えてアフリカ最大の経済と人口の多い国であるナイジェリアに集中した。

アフリカでの比較的少量の動きは、経済の不安定さに直面している地域のユーザーに人生を変える価値を生み出しており、低コストの送金と節約の代替方法を提供しています。

資金は大抵、個人や中小企業によって動かされていると指摘。しかし、アフリカの仮想通貨(暗号通貨)経済における成長の最大の要因は、送金と法定通貨の切り下げだ。実際、一部の国ではソフトタッチ規制を通じて(仮想通貨)暗号通貨の問題を解決しているが、インフレを抑制して流動性を維持できず、意図せず同じことを行っている国もある。

たとえば、現地通貨の南アフリカランドは過去10年間で米ドルに対してその価値の50%以上を失った、とチェイナリシスは述べ、「一貫して最も不安定なフィアット通貨の1つです。」と答えた。

さらに、ナイジェリア、エジプト、アルジェリア、エチオピア、ガーナはすべて、それぞれの通貨で同様の問題に直面していると付け加えた。ジンバブエでは、国の通貨が劇的に価値を落としているため、政府の政策により20年間で2倍の節約を強いられている。

世界銀行によると、サブサハラアフリカでの200ドル未満の「送金手数料」は平均で9%で、より活発な経済圏では15%にもなるという。世界平均は約6.8%だ。これらすべての要因により、アフリカの人々はより安価で信頼できるクリプトの代替手段に向かっていると見られる。

アフリカのユーザーは個人間の海外送金に仮想通貨を使用しているだけではありません…アフリカと他の地域、特に東アジアとの間の取引のかなりの部分はビジネス目的のためです。

チェイナリシスはこのように述べている。

昨年、アフリカ大陸の専門市場では、2019年7月末の約1億7,500万ドルから、2億1,000万ドルを超える仮想通貨が送受信された。

アフリカ中のほとんどの国では、ビットコインの長所がますます明らかになっているのだ。代替通貨は地政学的な考慮事項や財政規律の対象となるが、BTC投資家は、分散型暗号通貨を制御する権限のない中央銀行や制裁委員会について心配する理由はほとんどない。

Fiat Devaluation Drives Retail Bitcoin Transfers in Africa 56% in a Year: Report | Emerging Markets Bitcoin News
Monthly cryptocurrency transfers to and from Africa under ,000 soared more than 56% from a year ago to reach 6 million in June, according to new
タイトルとURLをコピーしました