「ビットコインの安全性が向上しているようだ」BTCの盗難被害が92%減少

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

2020年に報告された盗まれたビットコインの数は4,472 BTC、つまり全供給の0.02%にまで減少した。この新しい数字は、2019年に報告された56,870から92%の減少を表している。現在のビットコイン価格に換算すると、2019年の17.8億ドルだったのに対して、2020年は1億4000万ドルに相当する損失が発生したことになる。

CasaのCTOであるジェームソン・ロップ氏が共有したデータによると、この盗難の報告数の著しい減少は、「ビットコインのセキュリティが向上しているように見える」ことを意味すると述べている。しかし、ウイルスによって秘密鍵を盗まれ、資産を失ってしまったような個人のハッキング事件などはすべてを把握することが難しいことから、事件のひとつとしてカウントされていないとも述べた。

一方、CTOが共有したデータによると、ダークネットサイトのエンパイアマーケット(Empire Market)は2638BTCと、今年最大の損失を記録。

大規模なハッキングの被害者であるKucoinは、合計1008枚のコインが盗まれて2位にランクされている。 報告された他の重大な損失には、Cashaa(337)、続いてExmo(307)、Livecoinは106BTCを失っている。報告された残りの盗難は100コイン未満であった。

データーはさらに、2020年の盗難の報告数が最も少なく、2014年は合計678,262 BTCの盗難が報告された後の最悪の年であることを示している。 2014年以降、報告された損失は2016年と2019年を除いて減少している。2016年、ビットフィネックスは119,756BTCを失ったと報告、そして中国の投資家はプラストークン(Plustoken)による詐欺で45,000 BTC以上を失っている。

タイトルとURLをコピーしました