ワシントン中央はビットコインマイニング再ブームによる中国人流入の可能性を懸念

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

アメリカ北西部の太平洋沿岸部の地域は、ビットコイン(BTC)マイナーの流入の可能性を非常に警戒している。

この州は以前、電気料金の下落により中国のビットコインマイナーが流入した経験を持つ。

ビットコインの上昇はマイニングへの関心を復活させる可能性があると当局は警告

シアトルタイムズによると、ビットコインの急上昇は、ワシントン州中部の公益事業地区(PUD)の警戒を強め、疑わしき高額の電力料金を監視しているという。PUDの関係者は、中国からの仮想通貨(暗号通貨)マイナーがコストの低い水力発電価格を利用するためにこの地域にやってきたと述べている。

「2017-2018年のマイニングブームが再び起こる可能性がある」ため、このような動きはコロンビア川流域当局の懸念を呼んでいる。マイナーと戦うために電気料金が引き上げられたものの、当局は新しいビットコインマイナーがまた州に定着する可能性があると考えている。

これまでのところ、当局は商業マイニングの増加を確認していないが、PUDは依然として、地元の住宅電力線に過負荷をかける可能性のある「小規模マイニング」が戻ってきた場合に備えている。

シェラン郡(Chelan County)のPUDのカスタマーユーティリティのマネージングディレクターであるジョン・ストール氏は、この問題について次のようにコメントしています。

まだ確認できたわけではありませんが、間違いなく我々は警戒を強めています。

PUDはビットコインマイナーを歓迎しない

ストール氏は、市場のボラティリティに目を光らせながら、警戒を怠らないと述べている。

私たちが抱えている最大の懸念は、何者かが入ってくることです。私たちが彼らの必要量を含む50メガワット相当の容量を構築する、ビットコインの価格が変化し、そして彼らはただ去るだけなのです。

PUDが直面する頭痛の種は、新しいマイニング施設の建設だけではない。地区の当局者は、小規模のビットコインマイナーが現在活動していない施設から操業を再開するだろうと考えている。

アメリカ東海岸も、ビットコインマイニングに関連する自信の問題にも直面している。2020年12月20日、環境保護団体が率いる組織が、グリニッジ発電所のビットコインマイニング施設を拡張するために青信号を出したとして、ニューヨークの町、トーリー(Torrey)に対して訴訟を起こしている。

Central Washington Raises Concerns Over Possible Bitcoin Mining Boom – Mining Bitcoin News
A region in the Pacific Northwest of the United States is on high alert because of concerns about a possible invasion of bitcoin (BTC) miners. The state
タイトルとURLをコピーしました