イーサリアムクラシックの開発チーム、今後のハードフォークを発表

未分類
この記事は約2分で読めます。

28日、イーサリアムクラシックの開発チームはプロジェクトの最新バージョンを実装するためのハードフォークを発表した。現在、このハードフォークは7月下旬にリリースが予定されている。

コミュニティが「マグニート“Magneto” 」と呼んでいるこのアップグレードには、今年初めのイーサリアムのアップグレード、ベルリンで最初に見られた4つのイーサリアム改善提案(EIP)が含まれる。

これらの提案は、ユーザーが1回のトランザクションでアクセスできるように、アドレスとキーを1つの場所に保存することで、ガスコストを節約しながら、ネットワークのセキュリティを向上させることを目的としている。

イーサリアムクラシックのMorderテストネットとKottiテストネットのベータテストは、それぞれ6月2日と6月9日に開始された。マグニートのフォークは、これらのテストが終了してから正式に開始される予定だ。

イーサリアムクラシック用のフル機能クライアントとウォレットである「Mantis」の開発関連マネージャであるStevan Lohja(以下ステファン氏)は、コミュニティにこのように語った

フォークを成功させるために、ETCの利用者には、ノードソフトウェアをMagnetoの互換バージョンに(まだアップグレードしていない場合は)アップグレードするように依頼しています。ノードやサービスを運用していないが、他のサービスを通じてETCを使用している場合は、そのサービスに問い合わせて、Magnetoハードフォークをサポートしていることを確認してください。

2021年5月、ETCは価格が300%を超えて急騰したため、一部のイーサリアムクラシック愛好家はこのプロジェクトを「間違ったイーサリアム」と冗談めかしていた。おそらく暗号通貨の新規参入者がイーサリアム(ETH)と混同していたためであろう。

タイトルとURLをコピーしました