仮想通貨は爆発する – それは時間の問題だ

暗号通貨全般
この記事は約3分で読めます。

暗号市場は軒並み下落している。昨年の11月上旬から今に至るまで、下がりっぱなし、横ばいの状態だ。戦争が、連邦準備制度理事会が、あるいは規制当局が暗号通貨を終わらせるのだろうか?それとも、暗号通貨はこの金融環境のために作られ、世界はついにビットコインの安全な避難所の特性に気づくのだろうか?

ビットコインは2020年3月のコロナによる暴落以来、4回の大きな上下があった。3月13日に続く大規模な上昇トレンドは1年以上続き、2021年4月14日に約69,000ドルの高値を付けた。

その後、下降局面で28,900ドルの安値をつけ、7月中旬に再訪した後、再び上昇に転じ、前回の高値を超え、昨年11月10日に69,000ドル近くの史上最高値を更新した。

現在の下降トレンドでは、33,000ドルが底値となる可能性があり、ビットコインは現在は横ばいで推移している。これは、もう1度安値を更新するか、この蓄積段階で力をつけて、より高く史上最高値を更新する準備をしているかのどちらかだとみられる。

価格は重要なのか。という疑問があるかもしれないが、正直、本当に重要ではない。結局のところ、サトシがビットコインネットワークを立ち上げたとき、このような人々を念頭に置いていたと言えるかもしれない。

サトシは、最初のビットコインを採掘したとき、主流メディアの力を知らなかったかもしれない。銀行や政府に支えられたメディアの力は、この危うい金融情勢の中で自分を救ってくれそうな唯一のものへの投資を庶民に思いとどまらせることを考慮に入れていなかった可能性が高い。

主流メディアは、負債に基づく、ねずみ講的な金融システムの継続に既得権を持つ人々から常に燃料を供給されている。誤報やビットコインが実際に行っていることに対する無知な誹謗中傷という形で、本当はもっと知るべき人たちによって燃料が伝播されている。

現在の不換紙幣システムは、人々に深刻なインフレを引き起こし続けており、ビットコインは長期的に上昇する以外、行くところがない。

メディアによって、ビットコインは詐欺だ、マネーロンダリングスキームだ、テロリストのための金融だなどと信じ込まされ、特定の道を歩んできた多くの知的投資家がまだいる。

しかし、不換紙幣システムで何が起こっているのか、いずれはすべての人に明らかにされなければならない。そして、結局は貴金属やビットコインに頼るしかないのだから、暗号通貨が爆発的に上昇するのは明らかだ。

暗号通貨は禁止されたり、厳しく規制されたりしているが、結局のところ、投資家が自分の財布と秘密鍵を持っている限り、政府、銀行、規制当局の手が全く届かないところで、富を拡大することができるのだ。爆発は近いうちにやってくる。

Crypto will explode - it’s just a matter of time
Crypto markets are down across the board. It’s been down and sideways now since early November of last year. Will the war, the Federal Reserve, or the regulator...
タイトルとURLをコピーしました