Plan.B氏「2011年のような強気な値動きになる可能性もある」

未分類
この記事は約4分で読めます。

Plan Bが提唱するビットコインのストック・トゥ・フロー(S2F)モデルは、高い人気を保ちながら議論を呼んでいる。Plan Bは最近、このモデルに寄せられる誤解について説明した。

S2Fモデルを “強気すぎる “と批判があるため、S2Fモデルについて明らかにする

最近のツイートで、crypto market quantは、彼のS2Fモデルのグラフ表現に付けられた色の持つ意味が誤って伝えられていると述べた。過去の先例に従うと、2014年と2018年にチャートが半減期までの月軸で緑色のゾーンにあったとき、ビットコインの価格は暴落している。

このため、一部の市場参加者は今年はビットコイン市場の暴落を期待していると彼は観察していますが、これはS2Fモデルの意図するところではない。

2014年&2018年にビットコインが緑で暴落したから、2022年にもBTCが緑で暴落すると考える人がいます。しかし、これは偶然の一致かもしれません。Btcは緑色でパンプすることもある(2011年のように)。色は次の半減期までの月数を示しているに過ぎません。S2Fは、BTCがいつパンプするか、クラッシュするかについては何も言っていない。

とPlan Bは述べている。

一方、S2Fモデルは強い批判にさらされ続けている。

今日、ソフトウェアエンジニアで経験論者のハロルド・クリストファー・バーガー氏がBitcoin Magazineにゲスト執筆し、Plan BのビットコインS2Fモデルを強気すぎると述べた。

このモデルが不当な評価を受けたことを指摘しながらも、バーガー氏はこのモデルは失敗すると述べている。

私はS2Fモデルがビットコインの価格を適切に予測できないと強く確信しています。私の主張は、単にS2Fの価格予測の形状が正しくなく、強気すぎるということです

とバーガー氏は述べた。

というのも、このモデルはビットコインの価格を「非収穫逓減の成長」と予測しているからだ。現実には、ビットコイン市場はすでに逓減的な成長を強くほのめかしている。

ただし、バーガー氏はビットコインに対しては非常に強気でもある。彼は、ビットコイン価格に明るい未来が訪れると予測していることを指摘する。彼のテーゼは、遅くとも2028年にはビットコイン価格が10万ドルになり、遅くとも2037年には100万ドルになるというものだ。これは、S2Fモデルが、半減するたびに10倍になると予想しているのとは対照的だ。

S2Fモデルは強気すぎるのか?

S2Fモデルが非難されるのは、これが初めてではない。1月のBitcoin Magazineの記事では、このモデルは投資家を誤解させるものであり、計算に欠陥があると断言している。

注目すべきは、Plan Bがモデルのアプローチに自信を持ち続けている一方で、自分も間違っている可能性があることを明かしたことだ。

しかし、他の多くの強気なモデルは、暗号市場に漂い続けている。ビットコインの熱烈ファンのコンセンサスは、ビットコインの普及が進むにつれて、価格が新たなベンチマークに急騰し続けるというもの。

Nexoの創設者であるAntoni Trenchevを含む市場参加者は、ビットコインの価格が今年中に100,000ドルに達すると予想している。

現在、ビットコインは47,300ドル前後で取引されており、この日は5.97%上昇した。BTCは2021年11月に69,000ドル弱の史上最高値を記録している。

タイトルとURLをコピーしました