VanEck「ビットコインが世界の基軸通貨になれば480万ドルの価値に」

未分類
この記事は約2分で読めます。

投資会社は、BTCと金のどちらかが世界の基軸通貨になるという極端なケースを予想しており、ビットコインに対して非常に高い評価をしています。

アメリカの投資会社VanEckは、ビットコインは金の2倍の上昇力を持ち、世界基軸通貨になれば1コインあたり480万ドルもの価値にもなると見ています。

もちろん、この予想は大きな「もし」であり、VanEckは中国の人民元がより有力な候補であると考えている。

BTCに対する高い評価は、VanEckのアクティブEMデット責任者のエリック・ファイン氏とチーフエコノミストのナターシャ・グルシナ氏が3月30日に書いた記事で、金とビットコイン(BTC)が世界通貨体制の基盤として採用された場合の価格の影響を比較しようとしたものであった。

VanEckの分析では、BTCのインプライドプライスは130万ドルから480万ドルの範囲であることが判明した。低い方の予測は、BTCをマネタリーベース(M0)としたもので、投資データベースInvestopediaは、通貨のすべての流通供給と銀行預金を含むが、経済学者が見る一般的なマーカーではないと述べている。

最近の地政学的な不安から、ロシアはすでにビットコインを含む異なる通貨を使って、「友好的」なパートナーである中国やトルコと石油の取引をすることを検討しています。

この傾向は、より多くの国の中央銀行に適用される可能性があり、米ドルの優位性が損なわれることになりそうです。ファイン氏とグルシナ氏は、新たな基軸通貨として「中国元」を最有力候補に挙げるべきだと考えていますが、何があっても、おそらく各国は保有通貨を入れ替えるだろうと述べています。

中央銀行は、ある程度、ドル(とユーロと円)を減らし、他の通貨を増やすように、準備金の構成を変える可能性が高い…その結果、一部の中央銀行と民間企業は、準備金を多様化するだろう

アナリストは、この予測は、投資家が金とBTCのどちらかが世界通貨となった極端な例において、どのように評価するかの枠組みを形成するための出発点に過ぎないことを心に留めておくよう読者に促しています。また、金やBTCの機能を果たすことができる有限の不動産、無限の株式、さらには新興国通貨などの代替手段があることを指摘しています。

VanEck says Bitcoin could hit .8M if it became the global reserve asset
VanEck estimates that the Bitcoin price could reach as high as .8 million if the largest crypto by market cap becomes the reserve currency for the world.
タイトルとURLをコピーしました