“ビットコインの底をさらう”巨大クジラ、わずか2日で16億ドル相当のBTCをすくい上げる

未分類
この記事は約2分で読めます。

私たちは経済の不確実性の時代に生きている。地政学的緊張とインフレ率のピークに感謝することなく、市場は以前ほど活気がないように見えます。ビットコインは年初に失地回復に奮闘し、再び50000ドルに到達しかけたが、その後それは霧散してしまった。

4月中旬以降、暗号通貨市場は下降トレンドにあり、重要なサポートレベルを着実に割っている。このため、多くのトレーダーがポジションを売却し、債券や現金など、より揺るぎない投資対象に変えることを余儀なくされている。これは正しい動きなのだろうか?最も経験豊富で裕福なトレーダーは何をしているのだろうか?

市場アナリストのアリ・マルティネス氏が、オンチェーンおよびソーシャルメトリクス企業のサンティメントから入手したデータによると、大口のビットコイン保有者は、この機会に再び保有を増やした。

具体的には、1万から10万BTCのウォレットは、4月25日にビットコインが38,200ドルまで下落してから4万BTC以上を取得し、以前より2%多くBTCを保有している。

この動きは、市場に16億ドルの買い圧力をかけるだけでなく、ビッグプレーヤーが今すぐBTCを安く手に入れたいと考えていることを意味する。

SNSのネガティブな感情に左右されがちだが、市場を動かしているのは小さな個人投資家ではない。黙って売買している巨大クジラが、市場の動向を大きく左右しているのだ。

ビットコインのようなボラティリティの高い資産の値動きを短期的に予測するのは難しいが、中期的には誰が買い、誰が売っているのかを見れば、納得できるだろう。

市場にパニックが起きていても、売っているのが短期保有者であれば、それは良い参入機会かもしれない。逆に、強気相場から一転して価格が暴落し始め、その張本人が長期保有者の利益確定なのであれば、それは大きなダンプの始まりかもしれない。
上で紹介したオン・チェーン・データを見る限りでは、今回は前者が合理的であるように思える。

'Buying The Dip': Bitcoin Mega Whales Scoop Up .6 Billion Worth Of BTC In Just 2 Days
We are living in times of economic uncertainty. No thanks to geopolitical tensions and peaking inflation rates, the market isn't looking as
タイトルとURLをコピーしました