ロジャー・バー氏「ドージコインはビットコインより大いに優れている」

未分類
この記事は約2分で読めます。

ビットコインの初期の採用者の一人であるロジャーバー氏は、最近のインタビューによると、ミームコインであるドージコインはオリジナルの暗号通貨よりも優れていると考えているようでだ。

実際、バー氏はドージコインが世界の支配的な通貨になる可能性があると考えており、百万長者のイーロン・マスク氏の意見に共鳴している。

2011年にビットコインとビットコイン関連企業への投資を開始した43歳の起業家は、ビットコインが本来の目的から逸脱していると主張し、ビットコインを狙い撃ちしたこともある。

その主張から、彼は “Bitcoin Jesus(ビットコイン・ジーザス)”というニックネームを得た。その後、バー氏は「ビッグブロッカー」陣営の代表的となり、ブロックサイズの停滞が普及を妨げ、本来の暗号通貨の終焉を招くと予言した。これがコミュニティ内の軋轢を生み、最終的に2017年8月に稼働した「ビットコインキャッシュ」ハードフォークの誕生につながった。

当初の成功にもかかわらず、ビットコインキャッシュは無関係に転落し、現在、時価総額で26位に位置している。U.Todayが報じたように、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は最近、過去にこの暗号通貨を賞賛した後、ビットコインキャッシュが失敗だったことを認めた。

バー氏は、自分はビットコインキャッシュのマキシマリストではないとし、ドージコインやXRPを含む膨大な数のアルトコインを保有していると主張している。そうは言っても、彼は、何年にもわたる深刻な業績不振にもかかわらず、最大のビットコインの形態が世界の支配的な通貨になる可能性があると信じている。

U.Todayが報じたように、バー氏は最近、1年間の休止期間を経てTwitterに復帰した。最新のツイートでは、一般人が一斉にカストディアル・ウォレットを使い始めたら、ビットコインはその重要な革命的性質を失うだろうと予測している。

 

タイトルとURLをコピーしました