ビットコイン、S&P 500との相関関係により、さらに20%下落する可能性

ビットコイン
この記事は約2分で読めます。

13日に予想を上回るCPIインフレデータを受けて、ビットコインと暗号通貨市場全体は急落した。現在、ビットコインは過去 24 時間で 8.4% 上昇し、重要なサポートである 20,000 ドルのすぐ上を維持しています。

ビットコインの価格暴落は、S&P 500が4.5%下落したのち、4,000ドルを割り込んだのと同時期に発生しました。

オンチェーンデータプロバイダーのサンティメントはこのように説明しています:

火曜日の失望的なインフレニュース中の残酷な #CPI レポートの後、#ビットコインは #SP500 の2年ぶりの最大の日足と共に下落しました。このセクター間の相関関係は依然として高く、#クリプトは通常、#株式への依存度がゼロの状態で最もよく成長するのです。

ご存知の通り、ビットコインはここにきてS&P500との相関性が高まっている。ビットコインが株式市場に追随し続ける限り、今後もベアグリップに留まる可能性が高い。

ビットコイン (BTC) はさらに 20% 調整する可能性がある

BTCがS&P 500との相関関係に従い続けるなら、16,000ドルまでさらに20%下落する可能性が非常に高い。フィデリティのグローバルマクロ担当ディレクター、ジュリエン・ティマー氏はこう語る。

14倍のマルチプルが正しい評価だとすると、単純計算でEPS230ドルでS&P500のフェアバリューは3200-3400となります。このことは、この弱気相場がまだ終わっていないことを示唆しています。

ちょうど13日に米CPIインフレのニュースがあり、ビットコイン恐怖・貪欲指数は34/100から27/100に下落しました。しかし、まだ「極度の恐怖」ゾーンには入っておらず、この時点で何らかの投資家の回復力を示している。

インフレのニュースにより、ビットコインが今年の重要な抵抗帯である200日移動平均線(DMA)を超えることが再び阻止されました。

ビットコインとともに、他のいくつかのアルトコインも修正されました。マージ(Merge)イベントを1日後に控え、イーサリアム(ETH)は再び7%急落し、1,600ドル台まで動きました。マージが近づくにつれ、ETH は「Sell the news(噂で買って事実で売る)」ような勢いに乗って、売り圧力にさらされています。

Bitcoin (BTC) Can Fall Another 20% Due to Its Correlation With S&P 500
Following the higher-than-expected CPI inflation data on Tuesday, Bitcoin and the broader crypto market witnessed a sharp fall. Currently, Bitcoin is
タイトルとURLをコピーしました